飲み残しの薬、残薬が問題に

トレンディ文頭レスポン

残薬という言葉を聞いたことがあるでしょうか。今問題になっているのが、処方されたのはいいけど飲み残して家に残っている薬が大量にあるというのです。特に高齢者の自宅に大量の飲み残しの残薬があるという報道が最近目立つようになっています。

残薬の価格は500億円にもなるのではないかと試算されています。

残薬の現状とは

最近問題になっている残薬ですが、特に高齢者の自宅に大量の薬が残っていると言われています。
これは薬を飲み残していることが問題ではなく、そこに至る過程が問題とされています。高齢になればなるほど体は何かしらの不調を訴えて病院に通うことが多くなります。実際に糖尿病やその他関節痛、風邪、病気、様々な症状で通院しながら薬をもらいます。

この状態が始まって、飲み忘れなどが始まると、症状の改善が見られずにさらに大量の薬を処方される可能性が高くなります。特に高齢者の一人暮らしの場合で、認知症に近い症状で薬の飲み忘れが始まると残薬の量が雪だるま式に増えていきます。

複数人の医師から処方されるため、あとはお薬手帳などで薬剤師が見て医師に通達する程度でしかこの状況が大きく変わることはないと言えます。残薬は500億円分もあるとしていて無駄な医療費がかかっているということになります。

高齢者だけではなく一般にも残薬は大量にある

医師は多めに薬を処方します。そしてそれをしっかりと飲み続けるのが多くの場合ベストです。自分勝手に大丈夫だと思って薬をやめてしまうと中途半端な状態で完治改善しない場合があります。ですから基本的に残薬は出ないことになりますが、多くの場合勝手に薬を飲まなくなります。

そして2種類以上の薬を同時に服薬していると、薬の飲み忘れが飛躍的に上がります。これはうっかり飲み忘れるということもあり、さらには副作用が怖いということが原因で飲まなくなる人が多いのが意外ですね。薬の副作用についてはかなり情報があるので調べればわかりますが、多くの場合は医師がその人の症状に対して適切な処方をしているのであまり気にしないほうが良いと言えます。
副作用を考えて治療していてはなかなか良くならないでしょう。プラシーボ効果もあるため、完治を目指して服薬したほうが良いと言えます。

医療費が今後もかさんでいく

残薬によって医療費がかさんでいくというのは500億円規模の残薬を考えると明白です。今後高齢化社会が進んでいく中で、高齢者のみの生活をしていると当然ですが残薬が増える傾向になります。特に高齢者が多くなると処方される薬の量も当然増えるわけで、無駄な処方が膨れ上がっていくとどんどん医療費を圧迫します。

今後無駄な処方を減らしていくことがとても重要で、どこがどうやって残薬を減らすことができるのかというと難しい問題でもあります。現在はお薬手帳から薬剤師が注意する部分もありますが、それだけで処方箋が減るかというと現実的ではないでしょう。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天