東海道・山陽新幹線の車内に防犯カメラを増設

トレンディ文頭レスポン

先日の新幹線での焼身について、今後の対策として新幹線の車内に防犯カメラを増設することが決まりました。現在はデッキ部分に防犯カメラがついていますが、客室内とデッキ通路部にも防犯カメラを増設する予定だということです。

防犯カメラをつけようが、なにか起こってしまったら終わりですし、防犯カメラを常に確認している人員はいないので、未然に何か事件を防ぐことは不可能ですが、防犯カメラが新幹線の中にあるということは何にでも抑止力になることは確かです。

社内で何かしようとしても防犯カメラで監視されているという意識があればまた未然に防ぐことは可能になるかもしれませんね。

最近は何が起こるかわからない、また起きてしまった事件解決のためにも防犯カメラがいたるところに設置され、それが活用されています。あまりにも監視体制が厳しくなってしまうとよくないですが、最近のテロなども考えると防犯カメラの設置は重要かもしれません。

2016年度から2018年度にかけて既存車両に防犯カメラを増設工事を行う予定です。
また新規の車両についてもすべて防犯カメラがついたものが作られるようです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天