女子サッカーなでしこ、ワールドカップ準優勝

トレンディ文頭レスポン

速報として、女子サッカーのワールドカップ決勝戦はアメリカと戦った日本女子サッカー、優勝を狙っていましたが、惜しくも準優勝となりました。

前半に4失点し、1点を返したものの、それ以上は反撃できず。
後半は澤選手も引き続き投入されましたが、5点目を入れられ、その後日本は1点を返し2点とりましたが、最終的に5-2でアメリカに破れ、惜しくも準優勝となりました。

今回は前回のオリンピックに続き、またロンドン五輪にひきつづいての雪辱を果たせないものとなりました。

実力差というものが今回の決勝で出てしまった形になりますが、だとしても確実に日本女子サッカーの実力が世界レベルになってきていることは確かで、特に代表選手がどんどん海外のクラブチームに出て行くことで個々のスキルが上がる可能性が非常高いです。

ただし、国内でしっかりと実力をつけて日本のサッカーができないと意味が無いですね。海外に出て行っても、海外のクラブチームでの生活で選手人生が終わってしまう可能性もあります。まずは今一番重要なのは、10代からの女子サッカーの底上げではないでしょうか。

20代なかばの選手からは今後のサッカー人生は残り少ないものとなるはずです。最近のなでしこの活躍を見たら女子サッカーを始める子どもたちが増えるはず。もっと女子サッカーが楽しい物としてメディアで取り上げていくことでそれだけでも女子サッカー人口が増えて今後のワールドカップ優勝も見えてくるのではないかと思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天