富裕層の「出国税」導入

トレンディ文頭レスポン

日本は税金が高い、だから税金の低い国に移住したり、何らかの形で税金をタックスヘイブンを使って外回しにしていくというのがよくあることでしたが、7/1から富裕層向けの出国税がスタートしました。

出国税は株を保有したまま国外に転出する際に、実際に株を売却していなくても、売却したものとみなしてキャピタルゲインに国税分の15%の課税を納めなければならなくなる。これはひどいですね。ただ持っているだけなのに、売却したことにするというのはあまりにもひどい・・・。

株のキャピタルゲインの課税が住んでいるところでの風邪んになるので、日本に住んでいればとれた税金が海外移住した人が持っているキャピタルゲインからは何も取れなくなるからです。クソ、金持ち払うもんは払え!という感じなんだと思いますが、そもそも税金の無駄遣いをしているのを完全にやめてから言ってもらいたいですよね。なにもしていなくてマイナンバーの流出懸念があるにもかかわらず突っ走ったりとそういう部分でも税金を無駄遣いしてほしいと誰も思っていません。取るところから取るのはしかたないですが、取る方が正当に取り立てているとは思えない状況が無理があるよな、と。

金持ちを羨んで妬んで、もっと税金取れ、というのは簡単ですが、一生懸命稼いだお金を無駄遣いのために取られるのはだれでも嫌だと思います。足をひっぱるのではなく、そもそもの根本を変えていかないと税金は支払いたくないものという認識はずっとこのままですし、逆に海外のように富裕層が日本に住みたい税率や軽減措置をとるべきで、ただ安全な国というだけの極東アジアの島国はもうすでに世界から興味関心はなくなってるんですよね。

出国税はマイナンバー制度ともからみ合って個人資産などを完璧に把握してさらに確実に絞りるための手段のひとつだそうです。また生きにくくなりますね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天