トランス脂肪酸アメリカで食品添加禁止に

トレンディ文頭レスポン

アメリカでずっと話題になっているトランス脂肪酸ですが、2018年6月以降、食品に添加されるトランス脂肪酸を禁止することが決まりました。2013年からトランス脂肪酸の安全性について調査した結果、安全ではないという結論に至ったそうです。

トランス脂肪酸は油などに使われていて、日本では規制がないので普通に使われています。アメリカでも今までトランス脂肪酸が大量使われていて、トランス脂肪酸が原因で心臓病などが増えているそうです。日本でもアメリカがトランス脂肪酸が危険だということを言い始めてから少しずつその危険性を認識する人たちや危険だと情報発信する人は増えましたが、法律でトランス脂肪酸を使用してはいけないということにはなっていませんし、今後なるような動きもありません。

しかし外食チェーン店などはトランス脂肪酸が入っていない油を使ったりしていて、この点については安心して食べられる、ということをアピールしているファストフードなどもありますが、マクドナルドは完全にトランス脂肪酸に頼りきった商品を出し続けています。

最近日本マクドナルドは下降気味でこのままいくと潰れてしまう可能性が高くなってきていますが、トランス脂肪酸を不使用で安全性をアピールするというのも良いですね。アメリカのこのニュースに便乗すれば話題性は高いと思います。

ただ日本ではアメリカほどトランス脂肪酸の取り過ぎということはないそうなので、WHOがヤバイ、と言っているような量には満たないそうです。実際はかなりトランス脂肪酸を摂取していて心臓病になっている人もいるのですが、それでも欧米のトランス脂肪酸のとり過ぎに比べたら可愛い物だそうで・・・。

でもトランス脂肪酸が入っていない油になればそれはそれで健康に近づくわけですから、禁止ではなく何かしらの優遇をしてあげるとか日本でもトランス脂肪酸に対する対策をとってほしいものですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天