山手線の五反田駅にホームドア設置

トレンディ文頭レスポン

山手線の五反田駅にホームドアが設置されました。
山手線で18駅目となります。

ホームドアとは

ホームドアとは、駅から電車に接触できないようにする壁と扉のことで、これがあることで事故率が下がることがわかっています。
電車がホームに入ってきて、到着後ドアが開くと同時にホームドアも開くので、乗り降りの際のみ電車に近づけるようになっています。

もう既に18駅がホームドアを設置しているのは事故防止の為です。このホームドアがあるだけでかなり中に侵入するのを抑制できるというからスゴイですね。

ちなみに新橋、渋谷、新宿、東京などは大規模工事が必要になること、利用者数が尋常じゃないことなどがあってすぐに着手できないものの、将来的に全ての山手線の駅にホームドアを導入する予定だそうです。

在来線JR東日本でホームドアを導入しているのは山手線だけだそうです。あれ?もっとホームドアってあったような気がするけど、という印象ですよね。
電車遅延などが故意の人身事故、または不慮の接触事故などでたびたび起こる路線にはぜひホームドアの設置をお願いしたいですね。

かなり進化しているホームドア関連設備

少し調べてみると、ホームドアというのは接触事故を防ぐためだけでなく、電車とホームの間が空いていて危険なあの空間を埋めるようにして足場を作るものまで登場しているようです。

あれ子供の頃はかなり空いている電車とホームがあって、落っこちたら終わりだな・・・と思ったものです。大人になってもこんなに空いていて大丈夫か、というくらい空いている路線もあります。今後高齢化社会で足元がおぼつかない高齢者の方などの乗り降りもどんどん増えていくと思いますから、ホームドアは最低限つけ、その上で怪我防止などのための工夫が一層高まっていってほしいと思います。

しかし日本の技術と工夫、アイデアはすばらしいですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天