健康保険組合連合会でまたウイルス感染

トレンディ文頭レスポン

健康保険組合連合会と国立医薬品食品衛生研究所でパソコンがウイルス感染していました。今のところ個人情報の流出はないようです。年金の個人情報流出は確実に意図的にやったものですが、今回の健康保険組合連合会と国立医薬品食品衛生研究所の場合は単純にウイルスに感染しただけでしょう。

この手のウイルス感染はどこの施設でも起こっていそうです。今話題になっているからどんどん出てくるのであって、セキュリティーが完全に機能しているというところは少なさそうです。というのも、今回の健康保険組合連合会と国立医薬品食品衛生研究所のウイルス感染は職員がメールを開いたから、ということだからです。

扱う人間のセキュリティーの甘さがひどすぎます。今回は健康保険の会員情報にはネット接続していないパソコンだったということで安心しましたが、もしかしたら実は別のパソコンが感染して流出している可能性もありますよね。なぜメールを開けてしまうのか理解できませんが、健康保険組合連合会と国立医薬品食品衛生研究所の職員の安全基準に対する認識が甘かったとしか言えないでしょう。

また今後も同様のウイルス感染の可能性は非常高いと思います。メールを勝手に開くレベルの人がいる職場でこの一件だけで完璧に今後メールをひらかないという人はいないはずだから。そもそものセキュリティに対する考え方が甘いもしくはまったくないというようなレベルなので、健康保険組合連合会と国立医薬品食品衛生研究所はまたニュースに出てしまうかもしれないですね・・・。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天