大沢ケイミの旦那は嘘?演出セレブの可能性

トレンディ文頭レスポン

大沢ケイミさんは今テレビでセレブ妻としてよく出ていますよね。21歳で結婚していて、旦那が建設会社の社長、家賃100万円程度のタワーマンションに住んでいてとにかく金持ちで生意気というイメージがついています。

この大沢ケイミさんの夫は会社の社長ということをよくテレビで言っていますが、どんな会社なのかというと建設会社であることを以前テレビで話しています。

そして大沢ケイミさんの旦那の年齢はというと14歳差ということで35歳。若すぎますね。建設業界で35歳で一気に成り上がるということを考えると信ぴょう性に欠けてしまいます。というのも、大沢ケイミさんにプロポーズしたときはハリー・ウィンストンの800万円の婚約指輪を渡したというのです。

可処分所得がたくさんあったとしても800万円の指輪を35歳で渡せるというのは相当の手取り収入があるか、異常なまでにギリギリの経費を使って豪遊している超黒字建設会社でないと無理でしょう。中小レベルの建設会社ではなく大手になりますよね。その場合は親の会社の社長に座っている可能性もありますが、普通に考えるとなかなか難しいと思います。

家賃約160万円程度であればまだ理解できますが、そこに置いてあるカッシーナの家具で350万円が安い、という感覚はまずありえません。安くはないでしょう。普通のテーブルを買うなら高くても10-20万円くらい。これは高く考えて、という庶民の可処分所得から考えた数字。この10倍ということは月収350万円程度ある人だとしても350万円のテーブルは安いとは思えません。

では大沢ケイミさんの旦那の年収はいくらなのか取らべてみると、数億円とも言われています。ということは月収で5000万円程度ということでしょうか。長者番付に名前が出ていそうですね。不動産関連のビジネスにも手をだしているということですが、本当にここまで個人所得があるかというとすごく疑問ですね。

年収数億、スゴイ!と普通に驚くことは簡単ですが、実際にどのくらいの所得があり、税金を45%くらい収めていると考えたり、家具などに対する金銭感覚を見ていると本当なのかどうかとても疑問に思えてくるわけです。

先日放送されたピカ子さんの自宅を訪れた際にも、カッシーナという家具とミノッティという家具が出てきましたが、ピカ子さんのミノッティに対しての反応がほぼないんですね。ちょっと家具やインテリアに詳しければセレブでなくてもミノッティの名前は知っています。またその価値や価格についてもすぐわかります。

ほかの香水のブランドを見ても特にコメントはなく、本来知っていれば同意するような喜びコメントがあってもいいと思っています。さらに香水5万という価格が普通だと言ってしまうあたり、頭がどうかとているのかと・・・。この香水、香水のロールスロイスとも呼ばれるそうで、これは知りませんでしたが、これを5万は当たり前とは言わないでしょう普通。

またピカ子さんの自宅のタワーマンションはメゾネットタイプのペントハウスだったと思いますが、ここでまた大沢ケイミさんが墓穴をほっていて、タワーマンションでバルコニーついているとこ見たことない、と発言したんですね。しかし実際にバルコニーが付いているタワーマンションはたくさんあります。超高層というレベルのペントハウスにはバルコニーに加えてジャクジーも外についていることがあり、別に珍しいことはありません。
この発言を聞いて、自分のマンションしかしらないのではないか、と疑念がわくとともに、知り合いのセレブが住んでいるようなタワーマンションに行ったことがないのではないか、もしくはそんな繋がりはないのではないか、と思ってしまいました。

やはり表面上の演出セレブなのかと思ってしまいますよね。また、実際にセレブと結婚はしていても、自宅や家具などは演出や接待用に使っている可能性もありますよね。セレブの場合はそんな演出も実際に必要かと思いますし。また年収が数億もある人の会社の年商はとんでもないことになっているはずなので、ちょっと調べれば出てくるはずです。しかも建設会社で若い社長ということですからね。

噂がまったく出てこないことから考えても、テレビタレントとしての演出である可能性はゼロではないんじゃないかと勘ぐってしまう人は多いはず。今後もテレビで見かけたら、大沢ケイミさん以外とのガチセレブとのやりとりを見てみましょう。何かしらのアラが出てくると思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天