Windows10の無料アップグレード予約とは

トレンディ文頭レスポン

Windows7と8.1を使っている方は右下にウインドウズマークが出ていて、Windows10の無料アップグレードというのに気づいた人が多いと思います。

これはWindows10の無料アップグレードの予約マークです。正式にWindows10にアップグレードされるわけではなく、時期がきたら自動でアップグレードされるように『予約』しておくだけのもの。

2015年7月29日にWindows10の無料アップデートが開始されます。予約をしておくことで、あとで何もしなくても勝手にWindows10になっているというわけですね。しかし普通の人はWindows10がどんなものか、ということすら知らないことが多いでしょう。

特にWindows8.1が最悪でスタートボタンがなくなってしまい使いにくくなったことやwindows7のほうがよかったな、と思ったらWindows10に無料でもアップデートしたくないわ、という方もかなり多いはず。
特にWindows8系の大きなボタンが並んだスタート画面というのは本当に使いにくくて迷惑なくらいでした。そもそもパソコンとタブレットのOSのデザインを同じにすること自体が間違っているので、完全に操作性の面では失敗だったと思います。スタート画面のアプリというのも大量に並んで探しにくいだけですし、XPや7までがピークだったのではと思います。

ではWindows10ではどうなるのか、というと現時点でスタートメニューが復活するようです。またWindows8のようにスタート画面を使うことも可能。もともとこのように選べるようにしないとダメですね。

一応使いやすさで言えば8より10といった感じだと思われます。また無料アップデートは1年間のみで、その後は有料化される可能性が高いので、7月29日以降の評判を見て無料アップデートするのが良いでしょう。

ということで今はまだWindows10無料アップデートの予約はしないほうが良いということです。いろいろな不具合がでることは予想できますし、そこからバグを取っていきたいというマイクロソフトの考えでしょうから、今のところ安定して動くWindows7か8.1を使うのがベストですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天