東京湾にシャチ 地震との関係

トレンディ文頭レスポン

千葉県富津市沖の東京湾でシャチの群れが目撃されています。
周辺関係者もこんなことは今まで見たことがないと言うほど珍しいことで、水中の生物が大地震の前兆を受けて異常な行動をとってしまうことが考えられています。

ではシャチが東京湾に入ってきてしまうのは地震と関係があるのでしょうか。
それはまだ不明であるとしか言えませんし、動物の異常行動の原因を性格に突き止めることはまずできません。

しかし、水中の動物は機械で測定するよりもさらに鋭い器官を持っていて、特にナマズは池で乾電池1つ分の電気を流しただけで感知するといいます。

また最近の東日本大震災のときもイルカが打ち上げられるということが実際に起きています。最近またイルカが打ち上げられていたこともかなり心配になりますよね。

今回のシャチが東京湾に入ってきたことは、ただ餌を求めて入ってきてしまったことも考えられることから、大地震との関連性は未だ不明としか言えないようです。もし磁場を感知してシャチが東京湾に迷い込んできたとしたら、東京周辺の直下型大地震が起きる可能性は否定できないかもしれません。

先日の埼玉の震源の地震も震度5弱というあり得ない大きさの地震が起きています。これが今東京の直下型大地震の前触れだとしたら、そしてシャチもイルカも地震の前兆を予期する現象といえるかもしれません。

だとしたら、今から落下防止や保存食の買いだめをしておいたほうが良いでしょう。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天