競泳 冨田選手に有罪判決

トレンディ文頭レスポン

水泳のインチョンアジア大会で、競泳の冨田尚弥選手が韓国メディアのカメラを盗んだとして起訴されており、韓国にまで行って裁判をしていた件で、韓国の裁判所は冨田選手が盗んだ事実は十分認められるとして、日本円でおよそ11万円の罰金の支払いを命じる有罪判決を言い渡しました。

カメラなど当時の状況を実況見分するようなこともしていましたが、なぜか有罪。
冨田選手は最初盗んだことを認めていましたが、早く帰国したかったということで盗んでいないのに罪を認めていたということです。

その後無罪を主張していましたが、今回の判決でなぜ冨田選手がカメラを盗んだことになったのか、詳しいことが知りたいですね。

冨田選手は判決に対して『悔しいです』と言い、今後1週間で酵素するか決めることになります。冨田選手は『絶対に盗んでいない』としているものの、一度認めて謝罪までしたことを振り返ると、全力で信じていいかわからなくなりますね。個人的には韓国の調査や証拠など何があって何が基準で有罪になったのか、ここがわからないので何とも言えません。

ただし韓国が一度有罪といったものをひっくり返すとは思えません。

平昌オリンピックでまた何か騒動に巻き込まれるのかと思うと恐怖を感じている選手も少しはいそうですね・・・。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天