日本ではトランス脂肪酸の規制なしでかなり危険

トレンディ文頭レスポン

海外ではトランス脂肪酸が危険であるという認識が高く、法律でもトランス脂肪酸の量の表示をもとめたり、また飲食店でもトランス脂肪酸が入っていない油を使うようになったりと健康志向と安全についての危機意識が高まりつつあります。

しかし日本ではトランス脂肪酸は体に良くないということは知っていても、実際に気にしないで食べている場合が多いと思います。だって外食したら多くの場合トランス脂肪酸を摂取する可能性が非常に高いからです。マクドナルドのポテトなんかは特にトランス脂肪酸については何もしていないのでよくないそうです。好きなんですけどねぇ・・・。

ちなみにモスバーガーやロッテリアなどは対応しているそうです。このへんがマクドナルドとの違いかもしれません。海外では買う側がトランス脂肪酸の量やトランス脂肪酸を不使用ということを確認して買うときに選ぶことができますが、日本ではトランス脂肪酸はそんなに摂取していないから別に表示義務なし、別に危険なほど摂取していないから大丈夫、という感じらしいんですね。でも実際は揚げ物などが多い食事の場合はかなり多いトランス脂肪酸を摂取してしまっているそうです。

ではトランス脂肪酸の何が悪いのか、というと、体内にトランス脂肪酸が多く摂取されると栄養物質が体内に取り込まれにくくなってしまうというのです。これは栄養が行き渡らないというだけでなく、糖尿病の原因でもあるブドウ糖が吸収されにくくなってしまうという現象も引き起こすのです。

このようなトランス脂肪酸のメカニズムが発見されてからアメリカではトランス脂肪酸が規制されることになったのです。日本でもその事実は知られていますが、まったく規制対象になっていません。

まあアメリカほど日常生活でトランス脂肪酸を多く含む食事をしていないから、無駄な圧力を外食産業や食品業界にだしたくないということだと思いますが、だとしてもどの程度トランス脂肪酸が含まれているかの表示くらいはさせたほうが良いと思います。

私達は日本で食事をしている限りはトランス脂肪酸の量がわからないまま食べるしかないわけです。
特にトランス脂肪酸が多いのはマーガリン、油などです。油にもトランス脂肪酸を半分にしたものや取り除いたものなどがあるので、気になる方はそちらを使っているようです。ただ外食ではそれきわからないので、そのまま食べるしかありません。

トランス脂肪酸が糖尿病の原因になるということは、万病の元になりかねないということです。できるだけ早く日本でもトランス脂肪酸の規制もしくは表示義務を出して、私達が選べるときが来て欲しいですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天