新国立競技場計画変更で屋根がなくなる

トレンディ文頭レスポン

国立競技場が解体され、新しい問題が出てきています。新国立競技場は今までよりも巨大化し、景観を損ねるとして反対され続けてきましたが、今になって予算が足らない、都にも500億円負担して欲しい、また屋根が間に合わないからなしで、ということが国から都に対して言われたことで、そもそもその500億円の根拠がないこと、その話は聞いてないよーという感じで、国の対応がずさんすぎることが露呈してしまう形になりました。

そもそもの話で、イメージだけは膨らんでいいことを言うけど、実際始まってみたらダメダメ、という企業ではあり得ない赤字垂れ流し体質がそのまま出てきた感じですね。都知事としては500億円の根拠がなく周辺整備なら50億で十分行けると言っているようです。金ならいくらでも税金から使えますから、国の言うことはいちいち信用できないな、という感じですね。

そもそも500億掛けてどれだけ回収できるのか。今までかからなかった費用がポンと出てくることに違和感しか感じられません。そんなもんだよねーという会話から出てきた500億円という感じがして、正直日本の恥さらしでもうやめてくれと思います。

新国立競技場の屋根は間に合わないということで東京オリンピック開催時には野外のような競技場になりそうだとか、東京オリンピックのあとに屋根をつけるとか、仮設のベンチをつけるとか、もうみすぼらしい作りになりそうで。そもそもデザインも構造も普通でいいと思います。しっかりと人が入って快適に競技ができればそれでいい。

あまり変なことばかり考えないでまともな方向性を向いて欲しいですね。無理を承知ででかいことをいうからこういうことになるんですよね。本当に日本の未来を考えるなら、景観を無視した馬鹿でかい施設を東京のど真ん中に作るなんてことがあるとは思えません。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天