幕張に日本サッカー代表拠点

トレンディ文頭レスポン

千葉県幕張に日本サッカー代表の拠点となる『JFAナショナルフットボールセンター(仮称)』を建設いる方向で動いているようです。ここに何が出来るかというと、日本サッカー代表のキャンプ地としてサッカーコートやフットサルコート、宿泊施設などが建設される予定だとか。

幕張の日本サッカー代表拠点で行われるのは、主に日本サッカー代表のキャンプ地としての利用、指導者の育成、その他海外からのサッカーチームを呼んだ時の国際交流の場にもなるといいます。

しかもこの広さがハンパではなく、県立幕張海浜公園(約70ヘクタール)のうち東京湾に沿って広がるD・Eブロック(約26ヘクタール)というから驚きです。プロ野球・千葉ロッテマリーンズの本拠地QVCマリンフィールドはFブロックというからサッカーの日本代表の利用エリアが2ブロックも利用することになるとその広さがわかると思います。

もともとこのエリアが1995年から活用されないでいたこともあって、レゴランド誘致なども考えられていたそうです。現在は名古屋にレゴランドが建設されることになっていて、やはりここがずっと放置されてしまっていたということです。

東京湾沿いに作られるそうで、交通の便が整備されればかなり使えると思います。またここに日本サッカー代表拠点が完成すると、かなり人が入ってくることが予想されます。これを機会に商業施設の誘致も考えられているということです。大規模なイオンなどのような店舗が入ったらここだけで1日楽しめると思います。

千葉としては、日本サッカー代表拠点を誘致し、また商業施設も併設されること、東京オリンピックの2020年まで一気に経済が拡大していくのではないかと考えているそうです。実際にそうなる可能性はありますし、ヘタしたら日本でまたワールドカップがあればここを有効活用するとともに、経済的な効果は異常なまでに膨れ上がるんじゃないかと思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天