ポテトチップス「もも味」「バナナ味」発売

トレンディ文頭レスポン

湖池屋からポテトチップスの「もも味」「バナナ味」が発売されます。全国で買えるので、店頭に並んだらぜひ買ってみたいですね!

事前に食べたレビューを見ると、やはり香りはももの香り、バナナの香りがして、味も確かに「もも味」「バナナ味」に仕上がっているようです。ポテトチップスなので、ベースはじゃがいもですが、この風味もしっかりと残っているようなのでポテトチップスであることに変わりはないようですね。

湖池屋によると、ポテトチップスをご飯、パン、グラノーラにつぐ4つ目の主食にしたいと考えているそうです。ここだ見ると、え?と思いますが、考えていることはギャグでもなんでもなく、もしかしたら本当にそうなる可能性もありそうです。

今回新発売の「もも味」「バナナ味」は梅味などのような新しい味と同様に、これだけを食べても美味しいのだと思いますが、ここから別のトッピングなどをして食べる食べ方も独自のレシピで紹介しているというのです。生ハムと一緒に食べたり、バナナトーストにふりかけたり、などです。

まあでも日本ではなかなか食事のレベルまで引き上げるのは難しいでしょう。アメリカなどではシリアルだけで朝食を済ませたり、パンケーキだけなど食事自体がお菓子でもアリという国があるので、そこでならもしかすると食事のひとつとして捉えられるかもしれません。日本ではやはり主食がご飯という食文化が根付きすぎているため、ちょっとキツイですよね。

ここまでぶっ飛んだと思われる味を出すのであれば、アメリカで出したほうがさらに売れるかもしれません。また、アメリカで味の幅をどんどん広げ、コーラ味、フルーツパンチ味、レモネード味など、とにかく大量に出した後に日本人がこぞってこの多くの味のバリエーションをおみやげで持ち帰り、そして日本逆輸入商品として販売したらかなり面白そうです。

プリングルスのように大量のフレーバーとパッケージデザインを考えて味もしっかりとしたものを用意できればアメリカでヒットして日本でもその連鎖が続くかもしれません。

梅味のスナックやわさび味のスナック、最近は抹茶なども完全に日本で浸透しましたが、今回の「もも味」「バナナ味」のポテトチップスはどうなるか、見ものですね!

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天