南極大陸観測史上最高気温?17.5度

トレンディ文頭レスポン

南極大陸で観測史上最高気温が記録された模様です。それもなんと17.5度というから驚きです。東京の気温ですか?いやいやこのままだと氷河が溶け出してしまうでしょう・・・。これは温暖化の影響なのか、何が原因でここまで南極で最高気温が観測されてしまったのか・・・。

観測機器などの故障等も調査中

実はこのニュース、今日出てきましたけど南極の最高温度を記録したのは3月24日だったそうなんですね。南極にとってこれからどんどん気温が上がっていくことによる温度変化があるのかどうかは不明ですが、17.5度を記録した時の南極の変化が知りたいですね。実際に氷が溶けすぎたかどうか。

氷点下の南極大陸でここまで気温が上がってしまうと水位上昇は避けられないですよね。こんなのあり得ないと一般的には思うでしょう。春の東京の気温ですから、どれだけ暖かいか容易に想像できます。

そもそも南極の最高気温ってどれくらいなんだ

17.5度という温度は普通に考えると氷を維持できるとは思えない気温です。では南極の最高気温はどれくらいなんだ、と調べてみたら、南極点での観測は3月だと-54度くらいのようですね。過去最高が-26度だとか。そして日本の昭和基地があるところは3月の平均最高気温は-4.3度で過去最高気温が3.6度だそうです。こう考えると温度計の故障なんじゃないかと思えてきます。

昭和基地で観測された最高気温は8.5度くらいということで、これを一気に超える17.5度という気温は異常すぎます。

地球は温暖化しているとか、逆に寒冷化しているとか言われていますが、もし17.5度という気温が本当であれば、もう温暖化が進んでいるとしか言えないでしょう。しかもこの気温は南極でも快適に生活できるレベルの気温です。にわかには信じられませんが、新たな情報が出てくるまで待ちたいと思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天