慶応大学に簡単に入学する方法とは

トレンディ文頭レスポン

慶応大学と言えば誰もが知っている日本の六大学のひとつであり、最高峰の大学と言っても過言ではない名門私立大学です。しかし偏差値は当然高く70以上という普通に考えるとあり得ないレベルの学力が必要になります。
恐らく、学生時代に慶応大学に入学できるレベルの人は人生を捧げるようにして勉強に励んだのだと想像できるほど高い偏差値、さらには倍率が4倍にもなるというから驚きです。

この偏差値と倍率を勝ち抜いてようやく慶応大学に入学できるのですが、実は海外の慶応大学の高校があり、こちらに入学してしまえばそのまま慶応大学にも入れるらしいのです。

しかもその高校の偏差値は55~60程度と中程度より高いくらいでしょうか。倍率も日本の慶応大学入試の4倍とくらべて最大でも2倍程度しかないといいます。

ただし誰でも入学できるわけではなく、多額のお金が必要になるんですね。裏というわけではなく、普通に海外の学校に入学させて生活するには日本に暮らして日本の学校にいくのとは別次元でお金がかかります。ですから、お金はあるけど慶応大学に直接入学できる学力はなかなか難しい、という場合にこの方法がとられるそうです。

入学するのはアメリカの慶應ニューヨーク学院です。学費や生活費、親子の渡航費用などを考えると年間で800万円もかかっているそうです。これはかかりすぎ・・・。しかし正規に入学をしてそこで勉強し、その後正規に慶応大学に入学できるわけですから、何も悪いことはしていません。正当な進学となるのです。

お金がかかったとしても100%慶応大学に進学できるため、その後の就職などにも有利であると考えて慶應ニューヨーク(NY)学院に進学させる親がいるそうです。ただしこのような高額な学費と生活費がかかるため、そもそも入学する人自体少なく、偏差値も倍率も低くなり、結果として楽に慶応大学に入学できるようになるらしいんですね。

慶応大学以外にも早稲田など有名大学の学校が海外にありますが、100%進学できるのは慶應ニューヨーク学院だけだそうです。裏口入学などで話題になった芸人もいましたが、そんなリスクを抱えるくらいなら、海外でさらに語学も勉強ができて、その後100%進学ができる慶應ニューヨーク学院は意外とズルでもなんでもないような気がします。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天