六本木ヒルズでスター・ウォーズ展開催

トレンディ文頭レスポン

六本木ヒルズの東京シティービューで「スター・ウォーズ展」が開催されています。
コンセプトアートや、映画で実際に使用された衣装、小道具など約100点が展示されています。
開館時間は10時~22時。入館料は一般=1,800円(森美術館への入場も可)で6月28日までとなつています。

第1章「スター・ウォーズの原点」

ジョージ・ルーカスさんがインスピレーションをうけたものを展示しています。基本的に映画の元を考えつくに至った日本の映画などの資料が展示されています。

第2章「フォースの光と闇」

「フォース」をテーマにした展示エリアで、映画で使われた「ライトセーバー」も展示されます。日本の刀をモチーフにしたというライトセーバーについてかなりジョージ・ルーカスの日本愛が感じられますね。

第3章「戦いと兵器」

スターウォーズでの戦いなどのダイジェスト映像やジオラマなどが配置され、ファンにとってはすごく楽しめるエリアになっているはずです。

第4章「サーガと運命の肖像」

主要登場人物の肖像画や実際に着用した衣装などを展示しています。映画の世界から飛び出して実際に来ていた衣装などが展示されるとリアルな感じがしますね。

第5章「銀河と生態系」

スターウォーズの宇宙の世界で生きる生物について細かく展示されています。これだけ世界観が固まっているのも安心してスターウォーズを見れる理由なんですよね。

第6章「ドロイドが見たサーガ」

ドロイドC-3POとR2-D2を展示。これらは唯一全シリーズに登場しています。スターウォーズと言えばC-3POとR2-D2というくらい有名ですもんね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天