米どころん 銀座三丁目店オープン!ご飯おかわり自由

トレンディ文頭レスポン

銀座3丁目の昭和通り沿いに5月11日に米どころん 銀座三丁目店がオープン。

農薬の成分などを地域基準の半分以下に抑えた新潟県産の特別栽培米「キラキラ・コシヒカリ」を使っていて、ご飯が主役という位置づけでご飯を楽しんでもらうのがコンセプトだそうです。そして新潟のお米ということでメニューも新潟にちなんだものがいくつかあり、意外と面白いな、と思いました。

炊飯については4升炊き釜で15分たらずで一気に炊き上げることで美味しいごはんができるそうです。独自に開発していて、お米に合う炊き方をしているんでしょうね。

メニューは朝食、昼食、夕食と3つに分けられています。
朝はご飯・みそ汁・卵・のり・納豆・漬物に総菜3品が付くセットで、総菜は「ひじき」「切り干し大根」「きんぴらごぼう」「おから」などから日替わりなどでかわるそうです。

昼食は「トマトと豚の洋風生姜(しょうが)焼き」「肉野菜の米糀(こうじ)炒め」「ジューシー煮込みハンバーグ」「やわらかサバ味噌(みそ)煮」(以上890円)、「チキン南蛮タルタル」(870円)、「野菜たっぷり健康サラダカツ」(880円)、「厚切り鮭(さけ)の塩糀焼き」(950円)などがあり、かなり充実していますね。

夕食は「ローストビーフ温玉丼」(980円)、「プリプリ味噌ホルモン」「ピリ辛チキンサルサ」(以上、890円)などがあり、ランチメニューもここに追加されているそうです。またビールがエチゴビールという新潟の地ビールが飲めたり、このへんがけっこうこだわりのあるものを揃えているのかなと。

そして定職や丼ものを注文すれば、ご飯は食べ放題というのが素晴らしい。ご飯食べ放題は最近チェーン店だとやよい軒などもやっていますが、ご飯のおかわり自由というだけで行く理由になりますからね。またここの米どころん 銀座三丁目店の場合は、お米に最もこだわっているということで、美味しいごはんを何杯でもおかわりが出来るのは素晴らしいです。

銀座のサラリーマンなどは絶対にここに入り浸りそうですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天