高齢出産による流産リスクの確率

トレンディ文頭レスポン

晩婚化にともなって、高齢出産の数も増えています。今はディンクスでずっと子供を持たないという人もいますが、現実としては高齢出産になってしまうひと、今高齢ではあるけど出産したいと思っている人、なかなか妊娠できずに高齢になってしまった人など、高齢出産になる確率はかなり高まっているはずです。

現在、日本では35歳以上の女性が初産するのは27%にものぼっています。これは4人に1人は高齢出産に近くなっているということです。昔は20代なかばまでには結婚して子供を生むという風潮がありましたが、最近はまったくそんなことがなくなっているということです。

ちなみに初産の平均年齢は30歳くらいです。30歳であれば高齢ではないですが、これから高齢出産のリスクを考えてみましたのでぜひ一読ください。

そして高齢出産には流産のリスクがつきものです。
高齢になるに従って、どの程度流産リスクが高まるのか、というと、
25歳:10%
30歳:10%
35歳:25%
40歳:40%
45歳:50%
という数字が出ています。確実なものではないですし建康に生まれてくる赤ちゃんもいますが、これだけ高齢出産には流産のリスクがたかまるということです。確率としては40代になると40%も流産する可能性があるのです。

高齢出産は悪いということではありませんが、この確率を知っておくことは重要でしょう。ただ心しすぎると精神的にも負担が大きくなってしまうため、あまり気にしない方がいいですね。

これから結婚、出産する方はできるだけ早いほうが流産のリスクは低減できます。ただし結婚・出産自体経済的負担が大きくて、将来子供を育てていけるか不安が大きい、という方がかなりいるため、結局わかいうちに出産しないという選択をとる夫婦もいます。

経済的な支援なども必要になってきますし、保育施設の充実なども整備が急がれます。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天