神宮球場建て替え決定、2025年完成予定

トレンディ文頭レスポン

老朽化が懸念されてきた神宮球場が建て替えられることが決定したそうです。建て替えは今すぐではなく東京オリンピックの2020年以降となる予定で、完成は2025年となるようです。

2020年なんてまだまだ先だと思ってたらもうあと5年後ですからね。2025年の神宮球場完成予定に関してもまだまだ先というイメージがありますが、こっちもすぐ来てしまうんでしょう。今回の神宮球場建て替えの件は、東京オリンピック開催のため2019年完成予定の新国立競技場建設に伴う周辺開発の一環だそうです。

要するにこの神宮外苑地区一体がガラリと変わってしまうということですね。

神宮球場は1925年に建設が始まり、1926年に完成したので、老朽化も激しいのだと思いますが丁度2025年という100年後に完成というのもスゴイですね。何となく運命も感じますが、ファンの間では、ガラリと変わってしまうのではなく、神宮球場の風情とか趣を残して欲しいという意見も聞かれています。

確かに先進的な街並みもキレイですが、全て昔のものがなくなってしまうのが本当に勿体無い。街を歩くだけで歴史が感じられるというのはとても貴重だと思いますが、今は90年前の神宮球場を見れるのに、10年後は全くの別物が建ってしまうわけで・・・。

神宮球場を建て替える際は、近未来風デザインのドームも良いのかもしれませんが、ドームなしの今の状態で天候や季節を感じられる野球場を作って欲しいと思います。

そして実は隣接の秩父宮ラグビー場も取り壊されてしまいます。神宮球場よりも先に秩父宮ラグビー場が取り壊されるため、その間は2019年完成予定の新国立競技場などを利用することになるそうです。2020年に向けて東京がかなり様変わりしますが、これまでの歴史を感じられなくなってしまうのは何だか寂しい気もしますね。

今回の神宮球場建て替えに関しては東京都もバックアップしていくということです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天