能年玲奈が外部会社取締役に。洗脳で所属事務所とトラブルも

トレンディ文頭レスポン

能年玲奈さんが親友と呼んでいる女性と一緒に会社を設立し、自らが代表取締役に就任していることがわかりました。会社を設立したのは2015年1月。
『三毛&カリントウ』という会社名で、「魅力開発トレーナー」の肩書きを持つ滝沢充子氏が能年玲奈さん以外の取締役として名前が出ています。

この滝沢充子氏が能年玲奈さんが唯一の親友と呼んでいる人であり、「Jメソード」という独自の演技理論を能年玲奈さんに教えてきた人だそうです。この演技指導の方法というのが、欠点は直さずに伸ばしていく、という考え方がそのなかのひとつだそうで、能年玲奈さんもこの方法を学んだと言われています。

ここまで聞くと、演技始動など面白いことを広げていきたいということで会社設立、能年玲奈さんが取締役になっているというのもわかりやすいですよね。一番名前が売れている、ある意味滝沢充子氏の演技指導の成功例ですから。

しかし実際にはそんなに簡単な話ではなく、一般的に芸能人は2つ以上の芸能事務所に所属できないことになっています。そして今回滝沢充子氏が作ったと考えられる『三毛&カリントウ』という会社は営業内容が芸能活動とされていることからも、能年玲奈さんに対して契約違反ということで訴訟が起こされる可能性もあるというのです。

簡単にいえば所属事務所に戻ってやれば大丈夫ですが、そうならないなら訴訟、テレビ業界からも干される可能性が出てきました。今まであまちゃんで活躍して一気に有名になったものの、なぜここまで馬鹿なことをしてしまったのか・・・。それは能年玲奈さんが洗脳されているから、という見方をする雑誌記者が多いことからも見えてきます。

能年玲奈さんは滝沢充子氏に洗脳された?

能年玲奈さんと滝沢充子氏は師弟関係であるとともに、強い絆で結ばれていることは事実のようで、手をつないで歩いているところをフライデーされています。この行動からもふたりの強いきずながわかります。
指導の中でも特に厳しく、あなたは女優をやらないと生ゴミねと言い放つなど、きつい一方で、かなりお互いに信頼していて、能年玲奈さんの親友とまで言われるほど。

それほど関係性の強い滝沢充子氏は現在52歳。親子ほどの年が離れています。そして滝沢充子氏は個人事務所を立ち上げて業務内容は芸能活動。これは完全に能年玲奈さんがのせられて、事務所を作ったような感じに見えますね。

現在能年玲奈さんの個人事務所設立に関しては、能年玲奈さんと滝沢充子氏の会社『三毛&カリントウ』から何も反応が内容です。また、現在の正式な能年玲奈さんの事務所からも何もないそうです。今後話し合いが行われ、元々の事務所に戻らない、ということになると能年玲奈さんの洗脳疑惑がさらに大きくなりそうです。

普通であれば、自分の所属している事務所にいながら、自分の親友と言われる指導者と会社を立ち上げるなんてことはまずあり得ないでしょう。倫理的にもそうですが、現実問題業界内でタブーと言われるまでもない社会的常識が観世に欠落した行動であり、このことから能年玲奈さんが滝沢充子氏に洗脳されてしまったと言われる理由なんですね。

今後はこの話が前進しない場合、能年玲奈さんは現在の事務所から訴えられる可能性もありますし、契約解除は確実で、その後テレビに出られるかというと、事務所の圧力がかかりテレビ業界から干される可能性もありそうです。せっかく有名になったのにもかかわらず、あまちゃん以外のドラマがない、テレビ出演も少なくなっている、ということわ考えるとこのまま芸能界から追放されていなくなってしまう可能性も。

本来の事務所で頑張っていれば道がなくなることはなかったと思いますが、今後能年玲奈さんと滝沢充子氏との関係や個人事務所について、洗脳されているのかも注目していきたいですね。洗脳イメージが定着するともう使いものにならないので、早めの解決が必要だと思います。しれっと、会社設立してはいけないのを知らなかった、程度で出てきてしまったほうがまだ軽傷で済みそうです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天