ガラケー生産終了2017年以降新機種はナシ

トレンディ文頭レスポン

日経新聞が報じたガラケー生産終了のニュース。国内メーカーが2017年以降ガラケーの生産を終了するというものです。現在6000万契約あるとも言われているガラケーが終了するとなると困る方がかなり多いと推測されます。

ではガラケーの良さとは一体何か。
まずは料金です。スマホは最低でも基本料金、電話代、通信費がかかり5000-8000円ほどかかる場合があります。
ガラケーであれば通話とメールのみということで2,000円程度で済む場合も。私は1,500円程度です。

スマホはネットやゲームなどが充実していますが通信費が高過ぎることで使わない人も多いです。また通話だけであればバッテリーの持ちが良いガラケーが人気なのも容易に想像できます。今はMVNOもあるため、格安スマホやタブレットをガラケーと併用するのが理想的とも言われています。実際に私はタブレットとガラケーの併用でwifi利用なので無料で使っています。

ガラケーのシンプルで電話としての機能と低価格がウケているのですが、ガラケー生産終了というのはどうしてでしょうか。

ガラケーのOSをアンドロイドに全て切り替える

国内メーカーの真意としては、国内だけの携帯を作り続けるのはコスト面で負担が大きいということで、国際的にも使えるアンドロイドOSに切り替えて、携帯端末製造のコストを削減するということらしいですね。

逆に言えばアンドロイドOSの普及がかなり進むということも言えると思います。恐らくですが現在6000万契約あるガラケーの人たちが、アンドロイドのガラケーが出た場合、スマホではなくガラケーに移行するでしょう。私もすると思います。これだけで数千万のユーザーが獲得できるわけです。

アプリ開発などもアンドロイドに向けて一層激しくなりそうです。

ただしネックなのはガラケーの状態でアンドロイドなのかということですね。結局スマホタイプになってしまう可能性が高いと思います。ガラケーの状態のまま、機能も料金もすべて同じだけどOSはアンドロイド、であればこれは素晴らしいと思います。

あと2年でガラケーの生産が終了しますので、それまでに新機種に変えておいて、それから数年間はガラケーを使い続けたいと思います。人によってはアンドロイドのガラケーが出ると予想している人もいますが、世界的に売るのであればガラケーは難しいかもしれません。製造工程の全コストを見直すならスマホタイプになっていくと思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天