ニトリが銀座に出店、成功と撤退どちらなのか

トレンディ文頭レスポン

家具の安売り大型チェーン店というイメージがとても強いニトリがなぜか銀座プランタンへ出店。
なぜ格安家具のニトリが銀座に店を出すのか・・・。単純に言えば、小売店というのは銀座に店を構えたいという夢があるところが多いようなんですね。だからと言って今回のニトリが『銀座にようやく店をだせた!よかった!』ということではなく、今後のニトリの家具ブランドの方向性を変えていくための起爆剤としての出店の意味合いが強いようです。

というのも、ニトリはどんどん値下げをして話題を呼びました。おねだん以上の品質であることは間違いなく、デザインも商品によってすごく良い物もありました。しかし値下げしすぎてしまったこともあって、そこを反省材料として今後クオリティを高めて購入層に高年収である年収800万円以上の世帯も取り込みたいようです。

それは業績を伸ばすにはとても重要ですが、今のままでは確実に無理なので、今後は良い商品を適正価格で、という方向性の商品ラインナップも充実させていくそうです。ニトリの中にもグレードがわかりやすく分かれている、そんな感じでしょうか。

正直ニトリの家具は私も昔良いものを買ったものの、新しく追加で買うことはありませんでした。合板貼り合わせで表面は木目加工のシートというか、そういうものがわかりやすかったりしてクオリティは低かったんですね。作り自体は壊れにくくなっているので、完全におねだん以上だとは今でも思っています。これを高級家具も作るとなると興味を持つ人もいると思います。同じようなもので高い値段なら無理ですが、『なかなかすごいぞ』となれば取り上げるメディアもありそうですし、銀座だから寄ってみるか、という富裕層に近い人達が訪れて実際に見てくれるかもしれません。これは銀座という立地がすごく良い効果を生み出すと思います。

知名度を上げたい、というニュース記事を読んでこの銀座出店を知ったのですが、もうすでにニトリというお店は多く知られていると思います。地元にできたらまずは行ってみようってなるくらい郊外では定番化していますよね。あとは銀座によく遊びに来る層にしつかりしたものをアピールして取り込むのが目的だと思います。だからこそ本当に良い家具を揃えてくると思います。じゃないと確実に銀座撤退は近いです。期待以上の品質で価格も富裕層には手が出せるレベル、という絶妙なところを突いてくると思いますね。そうすればまだすぐに成功とまでは行かないと思いますが撤退はしのげるはずです。

また、外国人観光客が銀座を訪れることが多のも特徴だそうです。これで日本の良い家具を世界にも知ってもらえたら、という狙いがあるそうで、それはまたいいアイデアだな、と思いつつも家具はさすがに持ち帰れないだろう・・・と思ってしまいました。大きいし重いし。海外発送は破損と高い配送料によって無理がありますよね。値段によっては税金も取られるはずですし。

ただこれは海外展開したときにユニクロのように日本の高品質な家具店がきた、というイメージを植え付けるのには良いかもしれません。が、この外国人向けに後々買ってもらう、というのは全世界展開しないと効果はほぼないと思うので、やはり富裕層に近い人達に品質の良いニトリの家具を知ってもらい、客単価を底上げすることが大きな狙いでしょうね。

高級家具「ニトリクオリティライン」

というわけで、ニトリが新しく高級家具ラインとして「ニトリクオリティライン」を立ち上げることも決まっているそうです。これ看板とかもクールになるんですかね!こういうのデザイン性や品質の高さが見てすぐにわかる家具というのは、高価格帯の家具を見慣れている人からするとアラがすぐ見つかってしまうので、その辺がきになりますね。恐らく妥協一切なしでやってると思います。

今までのニトリの購買層からするととんでもない価格が付いている可能性が高いですが、それでいいと思います。買う層がまったく違うし、品質が違うから。ここで妥協して小銭でも多く利益出そうものならたぶん失敗しますね。本当に家具屋でもない素人なのにもかかわらず、見てる人は見ていますからね。

これが成功すると面白いと思います。個人的には路線が少し変わったブランドを出してしっかりとターゲットに訴求できる商品やサービスであれば訴求方法さえ間違えなければけっこう行けるんじゃないかと思っています。ただそこに訴求するためにはかなりお金がかかる・・・それが銀座なんでしょうね。こういうのはCM打っても難しいと思うので、あとはステータス系クレジットカードの会員誌などにも広告を打ったり、ということも考えられそうです。

銀座出店が失敗するか成功するか、家具好きの私としたはすごく興味があります!

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天