5億円超のホンダジェットが飛行!100機以上の受注

トレンディ文頭レスポン

ホンダがアメリカで開発してきたジェット機、ホンダジェットが日本上空を初飛行。初めて羽田に着陸しました。日本のメーカーなのに日本発の着陸というのもまた面白いですね。

ホンダジェットは本田宗一郎氏が50年以上前に飛行機の事業に参入すると言ってからようやく実現したものだそうです。

ホンダジェットは最大で7人乗り。胴体につけるエンジンを主翼の上につけることで機内に広さを確保しているそうです。さらにはこのことによって空気抵抗を減らし、燃費も動型のジェット機と比較すると17%高いとのこと。日本メーカーらしいですよね。

量産機は2014年にアメリカで飛行成功していて、ようやく日本にホンダジェットが着陸したというわけです。
本田宗一郎氏の夢の事業が50年以上経過した今、ようやく実現したということですね。感動モノです。

ホンダジェットの値段は450万ドルで5億円以上!

では7人乗りのホンダジェットのお値段は、というとなんと450万ドル、現在の日本円にして5億円以上もするそうですが、すでに100台以上の受注があるそうです。

プライベートジェットを持っている富裕層からするとやはり翼の上にエンジンがついていて見た目も珍しい上に5億円くらいなら買うか、という感じなのでしょうか・・・。燃費性能も良いですし、内装や広さも気になりますね。

もしかするとすでに同サイズのプライベートジェットを持っている方が中を見たりテスト飛行で乗ってみたらとても良かったのかもしれません。近いうちにテレビでもホンダジェットの特徴や機内の様子などが特集される可能性は高いですね。

特に日本のホンダですから、日本人でプライベートジェットをよく利用する人は買っているかもしれません。

ホンダジェットが一般公開される!

ホンダジェットが羽田に到着し、やはり一般効果されるそうです。

一般公開は4月25日に仙台空港、26日に神戸空港、29日に熊本空港、5月2~3日に岡南飛行場(岡山市)、4日に成田空港でデモ飛行や機内が見れる模様。これはマニアたちが一気に押し寄せそうです!展示品として置かれているものではなく、実際に飛んで着陸するまでが見れるわけで、これは機会があれば見てみたいものです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天