タコベル上陸は成功するか失敗するか

トレンディ文頭レスポン

アメリカのメキシカンファストフード、タコベルが日本に再上陸します。1980年台に上陸して撤退したものの、今なぜこの時期に・・・。

タコベルはアメリカにいた当時たまに食べていました。安いし多いし、ということでいつも同じものを食べていた気がしますが、これが日本に来るとアメリカの味ということで渋谷出店の1号店には大行列が予想されます。恐らくですが渋谷店のタコベルは成功すると思います。単純に人が多いこと、アメリカのファストフードが日本に出店していること、たまにメキシカン食べたいな、というニーズに手軽に応えられることなど。

ただチェーン展開するとなるとなかなか難しいかもしれません。日本でメキシカンがシェアをとっているかというとそれはないでしょう。私は個人的にメキシカンが大好きなこと、また近くに本格的な大型メキシカン料理屋があるということで日本でもたまに食べに行きますが、アメリカほどメキシカン料理が浸透しているとはまず言えません。

メキシカンを食べに行くというよりはタコベル行く?という感じになるのかもしれません。そもそもアメリカと違い、メキシコ人とその文化が全くと言っていいほど浸透していません。だから料理もなかなか浸透していない。生活の中の食事でメキシカンという選択肢がないのに等しいでしょう。

そんな中である意味ブルーオーシャンな日本でメキシカンフードのチェーン展開をしていくのは面白いと思いますが、大きな成功というまでは行かないような気がします。ライバルのメキシカンフードのお店がそこまで多くないことは良いですが、何となくバーガーキング程度の店舗展開になる気がしています。これを成功というのか、期待値が高すぎて現実とのギャップで失敗ということになるかは不明です。

タコベルがメキシカンフードを牽引できるか

ファストフードではありますが、メキシカンフードという食文化を広く知ってもらうにはタコベルがとても有効な気はしています。ただ価格がセットで800円近くなってしまったり、ちょっと高めです。昔アメリカでももっと安く食べれていた気がしますが、物価上昇等もありますしこれは仕方ないのかもしれません。

もっと中学生がたくさん食べられるような価格とメニュー構成にすればあと10年後にはタコベルが日本でも浸透していくのではないでしょうか。日本ではファストフードと言えばバーガーなので、これは浸透していますが、メキシコという国自体がそれほど親しみがあるわけでもないため、タコベルの美味しさやボリューム、海外を思わせるようなイメージが受け入れられれば成功かる可能性はありますね。

ただやはりバーガーチェーン店ほどの広がりはかなり厳しいのではと思います。

健康志向がこれからどれくらい広まるか

今でも毎日のように医療系、健康系のテレビがやっていますが、アメリカではかなり昔からタコベルを含むファストフード店への健康被害を訴える人たちがいました。今世界に出て行かないとこの点でアメリカでやりにくい部分もあるかもしれないですね。

日本ではデモをしたりするレベルではないですが、さらに健康志向が進んで、ファストフードは建康の敵、病気のもと、と言われるようになったり、アメリカのような過激なヘルシー志向が始まったりするとタコベルも悲しい感じになりそうです。まあタコベル自体はバーガー系よりもまだ印象は違うかもしれませんね。バーガー系は完全にジャンクと思われていますから。

メキシカンフードはまだメキシコ料理という国の料理という捉え方もされそうで、すぐに攻撃対象にはならないでしょう。ただアメリカンサイズで販売をしたとしたらこれはまたターゲットになるかもしれないですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天