清原和博の悲惨な現在とは・・・

トレンディ文頭レスポン

清原和博さんは高校野球からプロ野球入り、そしてその後引退するまでかなりドラマチックな人生のようで、現在では離婚されて子供とも会えない日々ということが度々報道されています。見た目が怖いのとデカイので番長というあだ名までつけられて、メディアの格好の餌食になってしまったのは否めないでしょう。

清原和博さんの現在の生活について、最近の週刊誌や金スマに出演した内容で解説していきます。

清原和博の現在は何も楽しいことがない悲惨な人生

清原和博の最悪の転機というのはやはり離婚でしょう。自宅に帰ったら子供と妻がイなかったというのですから恐怖です。最も信頼している家族が何も告げずにいなくなるという精神的ショックというのはとても大きいと思います。これがかなり引きずっていて、恐らく軽いうつ状態になっていると思われます。それは当然でしょう。いきなり豪邸から誰一人いなくなって自分だけになったら支えがほしくなりますがそれもない。そうすると精神的に崩壊してしまいます。

薬物依存などの報道がされていたりして、清原和博さんのイメージはガタ落ちでした。それも一種の精神状態が不安定だったときの過食、拒食、運動不足、栄養不足、栄養過多色々とあると思いますが全てが乱れて治療していたというほうが多々しいかもしれません。もしくは本当に薬物中毒になってしまっていたか。そこら辺の本当のところはわからないですが、確実にストレスが清原和博を蝕んでいたと思います。

脚の怪我が歩くのも大変なほど後遺症が残り現在でも歩くのが辛い

現役時代に脚を怪我したものが今もまだ残っていて、痛みがあるため普通に歩くのも大変だと言います。痛みに耐えながら歩く姿というのはとても見ていられません。番長と言われて、現役当時はまだ良かったかもしれませんが、最近の仕事がなくなって各方面に仕事がないかと営業電話をかけている姿と重ねあわせると哀れとしか言いようが無いのです。

脚を引きずって歩きながら、仕事がなく希望もない、という現在の清原和博さんの姿は当然マスコミの格好の餌食になるのです。そしてさらに言いたい放題言われる清原和博は精神をやんでしまいます。そんなもっと図太いだろうと思いがちですが、番長の見た目とは違い精神的にかなり弱そうに感じます。

前回の金スマではもうやりたいことや楽しいことは何もないという本当に死を考えたという言葉が出てきました。仕事をしたりファンの声に助けられているということですからやはり精神的支えが必要なのでしょう。

コンビニのおにぎりばかり食べる毎日

マスコミが家に張り付いていた当時は、早朝にコンビニにこっそりとでておにぎりばかり食べていたようです。人生でこんなにおにぎりを食べた時期はないと言うほどだったそうです。脚を引きずって大きな体でトボトボとあるく姿は弱々しかったでしょう。

現在は金スマに出たりして、まだ見れるようになっていますが、体重が激増して野球選手だったとは思えないですよね。というのも、現在は糖尿病治療をしていて、自暴自棄になった時期はその治療も勝手にやめてしまったりしたそうです。そりゅ死にますよね。

現在は恐らく安定してきていて糖尿病治療もやっていると思いますが・・・。

清原和博さんの現在の収入

過去プロ野球選手時代は年俸3億~4.5億くらいが全盛期で10年近く続いたので、40億近くを稼いだことになります。引退後はまだテレビにも出ていたため、年収は5000万円程度はあったものと思います。

しかし現在の清原和博の場合は無職ですので年収はゼロ円。奥さんも出て行ってしまうかもしれません。本当のところは刺青を彫ったり、浮気、DVなどがあったためと言われています。悲しい末路すぎて何も言えません。しかし年収は下がったとしても、数十億の資産はどうしたんだ、といつもプロ野球選手の没落をみていて思いますよね。お金があるとそのときは馬鹿になってしまうんでしょう・・・。

現在清原和博さんの年収は基本的にゼロで知り合いのとんねるずなどにも電話営業をかけて着信拒否までされるという始末。ようやく金スマに出たと思ったら、演出しすぎ、という罵倒の嵐。もう何をやっても上手くいかない感じですね。このままだと生活が成り立たなくなってしまうでしょう。

金スマ以降、清原和博さんをテレビで見ないので、やはり過去の栄光にすがっているだけというイメージが印象づいてしまいました。金スマ出演は現在の清原和博さんにとって良かったのか・・・。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天