伊東拓輝逮捕!3億6000万円窃盗容疑、元警備会社員

トレンディ文頭レスポン

埼玉県三郷市の警備会社から現金3億6000万円を盗んだとして指名手配されていた伊東拓輝容疑者(28)が東京都内で逮捕されました。

9月4日に盗み出し、9月27日まで逃走していました。国内にいるのか海外へ逃亡したのかすらわからない状況でしたが、都内で発見・逮捕となりました。

伊東拓輝容疑者の3億6000万円窃盗の事件概要

伊東拓輝容疑者は当時勤務していた警備会社「アサヒセキュリティ」(東京)の新三郷オフィスから金庫室に保管していた現金3億6000万円を盗み出しました。

9月4日午前に盗み出し、5、6日に無断欠勤し連絡が取れなくなっていました。

警備会社「アサヒセキュリティ」が監視カメラを調べたところ、伊東拓輝容疑者が現金を段ボール箱に入れていたところが映っていたため、6日に県警吉川署へ通報。

ということは、4日に盗み出し、5日はまるまる誰も現金がなくなっていて、伊東拓輝容疑者が盗んで逃げたことを知らなかったということです。警備会社にしては恥ずかしい状況でしょう・・・。

6日になってようやく3億6000万円もの現金がなくなっていたことに監視カメラの映像で知るという状況、やばくないですか。

伊東拓輝容疑者は中央区のホテルで現金を詰め替えて逃走

伊東拓輝容疑者はダンボールに詰めた現金3億6000万円、そのままではなくスーツケースとバツクパックに詰め替えて逃走したことが中央区のホテルの監視カメラの映像で確認されています。

スーツケースはふたつ、バックパックは異様に大きいですね。3.6億円、こんなに荷物になるのは初めて知りました。

伊東拓輝容疑者は、逃走中現金を持ち歩きながら都内を転々としていたようです。

3.6億円は36kgもあるそうで、これだけ多くの荷物を持ち歩いていたのは大変だったでしょう。そしてこれをどう使う予定だったのでしょうか。

現金を持ったまま海外逃亡はまず無理

これほどの現金を持ってX線検査は通れません。通っても海外の税関でこれだけの現金を持ち込むのは無理です。

というわけで確実に海外逃亡はありえないんですね。だから色々な監視カメラを追い続け、都内にいることは既に掴んでいたのでしょう。あとは細かく都内の潜伏先を絞り込んでいき、伊東拓輝逮捕へとつながったものと考えられます。

一体何に使いたかったのか、不思議で仕方ありません。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天