今村岳司市長、殺すぞと暴言。過去にも問題行動が続々と

トレンディ文頭レスポン

兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)は読売新聞記者の男性に対しエレベーターに向かうまでの間に「殺すぞ」などと暴言を吐いていたことがわかり、避難が集中しています。

読売新聞は4日、「威圧的な言動で取材を拒む行為は報道の自由を踏みにじる。到底看過できない」として、市長に文書での謝罪を求めています。

ことの発端は正月休みにまで読売新聞記者が自宅まで来て取材したところ敷地内に入ってきたため、今村岳司市長がこれを覚えており、正月明けに会見後執拗に質問をしてくる同記者に対して「殺すぞ」「寄るな」「(上司に)落としまえつけさすからな」と暴言を吐いたということです。

記者は自分たちには正月に自宅まで行って取材をするのはあたり前のことだと開き直ったようですが正直迷惑な話ですね。今村岳司市長の暴言はそもそも大人げないというか人が出来ていないと感じる部分はありますが、それにしても怒ることくらいは誰でも察する事はできるでしょう。記者が自宅まで来て何を聞きたいのか意味不明でありはっきり言えば迷惑です。

任期を終えて次回は選挙に出ないことを公言している今村岳司市長ですが、今回の暴言によって任期前に辞職すべきだという声が上がっています。しかし今村岳司市長は辞職する気はないようで、記者及び読売新聞が謝罪すれば暴言については謝罪するとアナウンスしています。確かにそれは当然かもしれません。

今回の件に関してはマスゴミが報道の自由などと言いながら異様な報道をしようとする部分を考えると暴言は悪いことでしたがすべてが今村岳司市長に非があるようには思えません。

ただし過去にも茶髪にピアスの姿で就任後の挨拶をしたり、中学時代の喫煙武勇伝を話したり、市長としての資質に関してはさすがにないと言わざるを得ません。今村岳司市長が市長に向いていないことは昔から知られていましたが、今回についてはかなり煽られたようにも思えます。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天