大阪で飼い猫にエアガンを撃った男が書類送検された

トレンディ文頭レスポン


大阪で飼い猫に向かって餌を投げておびき寄せ、近づいたところをエアガンで撃った男がワイドショーを騒がせていました。まったく抵抗ができない猫に対して絶対安全な場所からエアガンで撃つという卑劣な犯行が飼い主が設置していた防犯カメラに録画されており、犯人の顔、車のナンバーまですべてしっかりと記録されていたため、警察の操作によって堺市西区の会社員の男(38)が動物愛護法違反(虐待)の疑いで書類送検されました。

ただし現在は名前などの情報がまったく出てきていません。

この堺市西区の会社員の男(38)は、以前餌をやったときにひっかかれ、その仕返しにエアガンで撃ったと供述しています。さらにはびっくりして逃げていくのが楽しかったとも話しているため、どのよう人間かよくわかると思います。

そもそも他人の猫に勝手に餌をあげるな、という点で間違っていますし、仕返しに車で乗り付けてエアガンを撃つという卑劣な犯行。これはほかにも色々と余罪があると思われるとても許しがたい虐待行為です。弱いものに暴力を振るう人間はろくな人間ではありません。

今後、通報した飼い主に対して、安全な場所から何か犯罪行為をしてくるのではないか、とそれだけが心配です。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天