すき家、値上げラッシュ

トレンディ文頭レスポン

すき家は牛丼並盛りは価格を維持し、「大盛」が10円値上げされて480円に、「特盛」は50円値上げされ、630円になります。正直値上げ幅が大きすぎて、特盛りに関してはかなり客離れが想像できます。すき家としては客離れを防ぐために並盛りの価格は据え置きにしているといいますが、特盛りは10%アップに近い値上げ幅です。

今年は朝食も値上げしさらにおかずの内容がチープ化してしまいコスパが悪くなってしまっただけに、残念な値上げのニュースとなりました。

さらに牛丼にのせるチーズやキムチなどのトッピングは一律で10円の値上げが決まっています。牛丼関連のセットメニューも最大で40円の値上げです。

値上げの理由は、米とアメリカの牛肉価格の高騰に加え、人件費の高騰が挙げられています。最近すき家に行くと外国人スタッフがいることが多く、確かに人手不足であることは想像がつきます。

ワンオペなどの深夜ひとりの営業、客層の低下などを考えればすき家を含め牛丼業界で働きたくない日本人が圧倒的に多いはずです。客層の悪さに関しては低価格メニューの外食産業ではよくあることですが、今後は人材確保ができなくなりますから、当然高い時給で雇うしかありません。

特に時給の最低価格も上げられてしまい当然商品の値上げに踏み切らざるをえないのは仕方ないのかもしれません。

今まで300円を切る価格で牛丼が食べられたすき家でしたが、並盛りで350円は今でも高く感じてしまいます。ここは据え置きにしておかないと、値上げを知らずに入った人は注文するかもしれませんが、コスパが良くないと判断すればもうなどと来ない人もいるでしょう。

やよい軒はお米が美味しい国産米にも関わらず一貫してご飯のおかわりが無料です。おかず自体は劣化してしまいましたがご飯の大盛りくらいは無料で対応できるくらい頑張ってほしいですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天