ライダイハンは韓国がベトナムにしたリアルな悲劇的事実

トレンディ文頭レスポン

ライダイハンという言葉を知っていますか?これはベトナム語で、ライは混血、ダイハンというのは大韓民国である韓国を意味します。韓国とベトナムのハーフ、という普通の捉え方ではなく、差別的な意味合いを持った呼び方であることはこれだけを見るとわかりませんよね。

ライダイハンという韓国人とベトナム人の間にできた子供は、ベトナム戦争時に韓国人兵士が拉致してタイ利用に強姦した結果できてしまったベトナム人女性の子供なのです。さらにこの事件と同時に大量のベトナム人を虐殺したという世界的に見て凶悪な犯罪が行われた事実が、生まれてきた最大3万人とも言われているライダイハンたちによって証明されているのです。

韓国の兵士は34万人がベトナム戦争でアメリカ兵たちとともにベトナムへ派遣されました。そこで行われたのは、大量の強姦事件と大量虐殺でした。強姦も拉致も民間時の大量虐殺も戦争である状況下であっても犯罪です。

しかし韓国ではライダイハンのこと、ベトナムでの蛮行すべてを口にすることはタブーとされています。韓国とベトナムの国交が樹立されてから、4回も大統領がベトナムを訪れていますが一度も謝罪はありませんでした。1998年に金大中大統領が謝罪を口にしようものなら、大量の元軍人からバッシングがあったとされていて、大統領の威厳と権力が相当低く、意志もすぐに揺らいでしまう韓国の体制がよくわかる事例のひとつとなっています。

過去にライダイハンの問題について取り上げた韓国のリベラル系週刊誌「ハンギョレ21」は韓国国内ではとても注目を集めましたが、2000年6月27日に「ハンギョレ21」に対して退役軍人団体たちは2400名という大集団を率いて襲撃。印刷施設や自動車、パソコンを破壊するという事件が起き、韓国社会を震撼させました。壮絶です。2400人という人数が集まること自体が韓国人の異常さを物語っています。

このように韓国人が自分たちのしたことを知らない、もしくは知っているのにも関わらず目を背けて生きてきた側面があり、事実とは異なる嘘の日本軍慰安婦問題をずっと取り上げて保ち続けてきた精神状態は今、ライダイハンの脚光とともにブーメランとなって跳ね返りまさに韓国人全員がファビョってしまう事態が世界で起きつつあるのです。

韓国人の日本軍による慰安婦問題に関しては、韓国国内で慰安婦像を建てたり、バスに乗せたりと異常な行動を続けるほか、アメリカでも数都市の街に銅像を建てるという他国で日本へのネガティブキャンペーンを繰り返し、嘘を事実として作り上げようと必死です。事実ではないから早く事実にしたいのでしょう。

日本の慰安婦問題が事実でないのは、そもそも証拠がまったくないからです。すべては韓国人の証言でしかない。事実に基づく証拠が一切ないのですが、それを事実にしようと長年韓国は頑張ってきました。弱者や被害者という立場を使い他国の同情をかおうとしていたわけです。

しかし近年ライダイハンの存在がベトナムと韓国だけでなく世界中にしられるようになってくると状況は一変すると考えられています。今はベトナムにある在韓大使館の前にライダイハンの銅像を設置する動きが高まっています。このことについては韓国では報道規制にほぼ近い状況で知られることはありませんが、北朝鮮や中国とは違うので、ネットで色々とライダイハンの情報は見れてしまいます。韓国の一般国民たちはライダイハンについてどう感じているのでしょうか。事実と思い込んで日々日本のことを批判してきたこと以上の事実がベトナムではずっと問題になっていたのですから。

ライダイハンはベトナムでは犬の子として蔑まれ虐げられて生きてきました。ライダイハンの半生は嘘の慰安婦とは比較にならないほど辛い人生だったことは容易に想像できるでしょう。そのライダイハンはベトナムに3万人もいるとされています。これについて韓国が今まで謝罪もせず、事実であるにも関わらず認めることもなく、そもそもベトナムでの事件を隠蔽し続けていたことが少しずつ国際社会に知られてきていることはとても良いことです。

ライダイハンに関しては韓国が一生をかけて謝罪と賠償をし続ける必要があります。ライダイハンに関しては事実だからです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天