斉藤由貴と不倫の医師、5年間の不倫を認める。病院も判明か

トレンディ文頭レスポン

手つなぎ映画デートと言われたダブル不倫の斉藤由貴と50代医師。不倫疑惑は否定していたものの、キス自撮りが流出することによって不倫を認めるという急展開となりました。
斉藤由貴さんとしては他に写真が出る前に認めたほうが良いという判断だったそうですが、認めたら写真を出さないということなのでしょうか。この辺はちょっと不明ですが、今後さらにヤバイ画像が流出する可能性が高いです。

今回は週刊誌で50代医師と言われている不倫相手の男性が斉藤由貴さんの自宅でパンティーを被って写真を撮ったものがなぜだか流出したそうです。誰のカメラ、スマホで撮られたのかは不明ですが、下手したら50代男性医師の身内がスマホを操作して週刊誌に情報提供した可能性もあります。もしきは斉藤由貴さんの旦那さんでしょうか。写真には斉藤由貴さんの家族写真が写り込んでいたそうです。

まあ、最低の写真が流出してしまったのでこれ以上は、ということなんでしょうけど、これ以上のものを残しているというのも50代ダブル不倫カップルの低能さが垣間見えてしまいます。

斉藤由貴さんとしては、公の場で不倫を認めることは子供に見せたくなかったと言っていますがそもそも不倫しなければよかったわけで、さらには5年も不倫していたとしたら確信犯でしかないですよね。もしここで言わないようにしていたらまだ続けていた可能性もありますし、今回で3度目だし、そういう性格なんでしょう。結局自分のことしか考えていないからこうなるわけです。子供のことを本当に考えていたらそもそも不倫しないし5年続けていてこの言い訳はないですよね。

またマスコミに逆ギレしていた50代の医師で妻子もいる男性は2002年に開院したみなとクリニックとう病院であることも判明してしまっています。みなとクリニックに斉藤由貴さんが来ると有名だから、という理由で自宅に行き施術していたようですが、機械などを患者の家に置いておく医師なんていない、とバッサリと切られていたのが印象的です。記者が取材に行くと裁判をチラつかせて逆ギレしたそうです。

斉藤由貴さんとみなとクリニック医師の不倫はどうでも良いと言えばそうですが、この50代みなとクリニックの医師は75分に渡るインタビューで、こう答えています。

「僕のせいでうちの家族は嫌な思いをして、いろんな誹謗(ひぼう)中傷を受けた。とくに家内はズタボロですよ。街も歩けない」
これは仕方ないことですね。今回は芸能人が相手だっただけにこのような事になってしまいましたが不倫は誰も幸せになりません。またパンティーを被っているご主人を見た奥さんはどう感じたのでしょうか。ズタボロではないでしょうか。ズタボロにした原因はご自身50代みなとクリニックの医師ではないでしょうか。責任をマスコミほか世間に転嫁しすぎていて怖いです。

「今でも、僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ、今の僕には、もうそれはできません。そんなこと言っちゃうと涙出てきちゃうけど」
まずは自分の家族に対して、また相手の被害者家族に対しての気持ちしか普通は言葉が出てこないはずですが、意識がそっちには向いていないようです。ここで泣く50代男性ってどうなんでしょうか。これを聞いた自分の家族はどう思うでしょうか・・・。正直中学生レベルの発言で言葉もありません。

一方で斉藤由貴さんのFAXにはこんなことも書かれています。
「主人には先日、ありのままを話し、謝罪しました。このような状況であるにも拘わらず『今は子供たちのことを第一に考えよう。お互い努力し直そう』と言ってくれました。」
可哀想ですね。正直5年間騙され続け、キスの自撮りまでした50代にもなる妻、そして相手の男は自分もよく知る医師で自分の家でパンティーを被っていたわけですから、まあ頭がこんがらがるでしょうが、結論としては斉藤由貴さんとしては特に変わらずこのまという感じのようですね。ただ仕事はほとんどダメになるでしょう。

「また、週刊誌に掲載されている写真などについては、事務所から警察に相談しております。今回、また今後出されるかもしれない画像などへの言及は避けるよう指示されていますこと、ご理解ください。」
というわけで、50代男性医師のパンティー被り事件からさらに発展した強烈な写真がまだまだ出てくる可能性があるということを自分から認めた形に。流出元に関してはごく身近な人物だということですが、一体どちらの家族なのでしょうか。もしくは友人なのか。このようなデジカメかスマホの中身を見られるのは普通に考えると家族だけですよね。

こうなってくると完全に私刑という感じもしますが、有名人の場合は私刑によるダメージが一般の人に比べると大きすぎて普通に生活はできなくなってしまいそうです。そこまでやる必要があるのか、という意見も多いですが、世間的にはよく平然と嘘をついていたな、という別に自分は何も被害を受けていないのに騙された!!という気持ちになってしまうので関心が高まってしまうのでしょう。テレビも週刊誌も人が見るからやるだけであって、今後またとんでもない写真が出てくるまでは一旦斉藤由貴さんと50代医師のダブル不倫のゴシップは終結しそうです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天