北朝鮮への攻撃はいつどのようにして行われるのか

トレンディ文頭レスポン

韓国が、斬首作戦を目的とした部隊編成を12月までに完了させる、という寝ぼけたことを世界に向けて発信し赤っ恥をかいている今日このごろですが、北朝鮮がICBMに核弾頭を搭載する日はいつになるか予想はできても現実はわからないわけで、いつ核弾頭小型化を発表するかわかりません。絶対に失敗ではないでしょうから、今既に小型化は済んでいても、確実にICBMに搭載できる状態、アメリカを脅せる確実な状態になるまで控えている可能性もあります。

それどころか、既に小型化が済んでいて、ICBMに搭載できたことを公表してしまうばその時点でアメリカが核を打ち込んでくる可能性もあり、今までの瀬戸際外交が終わってしまうためまだ見せていないだけかもしれません。

何にしろ、アメリカが北朝鮮に攻め込むのはいつなのか。

現時点で最も早いのは、9月20日と言われています。新月がこの日であり、最も暗くなるため途上国からの迎撃がされにくいから、とされています。アメリカは新月の日に開戦することが多いのです。とすると、9月20日奇襲攻撃をかけ、金正恩を斬首し、同時に韓国との境界線のミサイルをすべて破壊、その他ミサイルの施設を全て破壊、となるでしょう。

気になるのは潜水艦です。潜水艦からのミサイル発射が可能であるとしている北朝鮮としては、アメリカから捕捉されていない潜水艦を最終手段としてどこかにミサイルを打ち込む可能性が非常に高いでしょう。

これに関しては核ミサイルかどうかは微妙ですが、ここへの通信手段等も全て一括で空爆破壊も可能だと思われます。

今回の戦争に関しては、長期戦ではなく即日終了という作戦でないと韓国で大きな被害が出る可能性があり、それ以外の手段は北朝鮮攻撃にはないと考えられます。日本にも米軍基地がありますので、ここも狙われる可能性が高く、北朝鮮が瞬くする日間もなく秒速で終わらせるでしょう。場合によっては一撃で金正恩とその周囲を消し去り、残りをステルス攻撃で一掃でしょうか。

なぜアメリカが北朝鮮を攻撃する可能性が高いのか。それはアメリカ第一主義だからです。韓国での犠牲はひどいものになるでしょう。ソウルを北朝鮮寄りに首都として構えている時点で韓国は大打撃を受ける可能性があるわけですが、米国人を退避させてしまえば、別に韓国が犠牲を被ったとしてもアメリカが北朝鮮を壊滅させたという結果は残るわけです。

日本にミサイル攻撃が合った場合でも同様です。

アメリカが不利になるのは、北朝鮮のように強硬手段で核ミサイルを手にすればアメリカは攻撃をしてこないという状況を世界に知られてしまうことです。これがまかり通れば、どの国も急いで核弾頭とミサイルを開発するでしょう。何を言われても最優先で核ミサイル配備を急ぎ、うまくできればアメリカと対等に会話ができるようになります。

それを我慢して見過ごすことがあるでしょうか。

逆に言えば、そんなことをすれば秒殺する。北朝鮮のように秒殺する。というメッセージのため、未だアメリカが北朝鮮を攻撃していないのかもしれません。核の小型化を実現した瞬間、新月など関係なく一発の核ミサイルを打ち込むかもしれません。

対話というものはそもそも存在価値はなく、今は秒速で結果を出す奇襲作戦以外には考えられません。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天