生き人形作家、堀佳子さん借金をして失踪、詐欺で逮捕!?

トレンディ文頭レスポン

生き人形作家、堀佳子さんの話題がビビットで取り上げられて以来、かなり話題になっています。ビビッドでは名前までは出していませんが、すでにネットでは名前も顔もしっかりと出ています。生き人形というのは、パット見リアルで人間のような見た目に作られた人形です。おもちゃのような感覚ではなく、まるで魂が込められたかのような、人間がそこにいるようなリアルな人形のことを言います。

そして生き人形作家、堀佳子さんはこの世界で50人ほどいる生き人形作家としては特に有名だったと言われていて、男性からお金をだまし取ったときに個展を開くと2000万円の利益が出る、と言っていたのもまんざら嘘の数字ではないということです。それほど有名だったし、作品自体の価値が非常高かったようです。

しかし生き人形作家、堀佳子さんは複数の男性を騙し、ひとりは6000万円を騙し取り合計で1億円以上だまし取った後に失踪しています。テレビでは返済することを話しているため詐欺に当たらないなどと報道されていますが、失踪して連絡が摂れないため今後逮捕される可能性もゼロではないでしょう。

生き人形作家、堀佳子さんの生き人形人生

では生き人形作家、堀佳子さんはどのような人生を送ってきたのでしょうか。

20代で生き人形作家として修行をし、30代で銀座やミラノで個展を開くなどかなり有名になっていきました。1体の生き人形は数十万から1000万円の値が着くこともあるといいます。

ちなみに以前生き人形作家、堀佳子さんは400万円と希望金額を出していたそうですが最近は78万まで下がっているそうです。

52歳のときに乳がんがみつかり、そこで生き人形作家を休業。その後の出来事が今回一連の詐欺事件と言われているものです。合計1億円もの金額を何に使ったのか。普通に考えるとホストにでもハマっていたのだろうというのが大筋の見方ですよね。周囲は生き人形作家、堀佳子さんの派手な暮らしはまったく感じなかったということですから。

しかも最初にお金を貸してほしいといったときに事故で3000万円が必要になったと言っていたことからも異様な雰囲気を感じます。自動車保険入っていなかったのか?高額医療制度を利用すればいいんじゃないか?など普通に考えると3000万の医療費は常識的ではありません。海外で病気の治療を受けるのであればありえるかもしれませんが。この時点で嘘をついている可能来が非常に高いのでホストにつぎ込んでいた可能性はゼロではないかもしれませんね。

生き人形作家としてはかなり有名

生き人形作家、堀佳子さんはこの業界ではかなり有名で、歌手の中島美嘉さんが生き人形作家、堀佳子さんの作品に惚れ込んでステージで使ったことがあったり、バラエティで紹介したりしたそうです。芸能人が気に入ってテレビで紹介してくれれば相当売れたでしょうね。

現在も乳がんの治療を定期的に続けているということですが、2年もの間ずっと狩り続けて逃げているところを見ると、お金を騙し取られたとされる男性たちは憤りを隠せないようです。生き人形作家、堀佳子さんの母親は子供をかばって合間に人形を作ってお金にして返済していると思うと言いますが、借金をして逃げようとしている人の作品をだれか買うでしょうか。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天