身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」の特徴と注意点

トレンディ文頭レスポン

2017年5月15日、世界中で巻き起こっているランサムウェアによる日本での被害を確認。多くの企業でランサムウェアによる被害が出ている可能性があるというニュースが出ています。

身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」とは

メールに添付されているファイルを開いてしまうとパソコンの内部情報がすべて暗号化されてつかえなくなってしまいます。しかしランサムウェアを仕掛けた側が用意した暗号解読を買えば修復可能というものでビットコインを要求されます。この手口ですでに日本でもビットコインを要求された事例がでています。

これは個人や企業だけでなく国の関連組織でも感染が広がっているもので、イギリスの国民保健サービス、アメリカの運輸会社・フェデックスなど幅広くひっかかっています。

日本では警視庁が全国に向けて異例の警告を出しています。

身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」の動作

パソコンの中に「WannaCrypt」が侵入すると色々と難しい動作をしかけて、不正なアクセスをし始め、最終的にパソコン内部の情報を暗号化します。その個人情報データなどを人質にとって、暗号化を解除するために金銭をビットコインで要求してきます。ビットコインは足がつかないということでこの手の金銭要求によく利用されます。

今回はXPから8までのウインドウズがターゲットになっていて、セキュリティホールがあることがこれらのOSが狙われた理由です。ウインドウズ10はこれがないので今回のランサムウェアの被害にはあいません。

身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」の対処法

今のところ身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」にひっかからないように、見知らぬメールは開かず削除することが第一の予防策です。また、メールに添付されているファイルはむやみに開封しないこと。

そして使用しているウインドウズのアップデートをかけて最新の状態にすることです。これが身代金要求型ランサムウェア「WannaCrypt」の攻撃対処法です。

すでにXPはアップデートを終了していますが、今回に限って異例のアップデートパッチ「KB4012598」がきています。しかしXPに入っているIEではバージョンが低すぎてアップデートできないということで、別のブラウザを使うなりして対応する必要があります。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天