藤岡真がTOKIO福島県産小麦に対して罵倒。そもそも誰?

トレンディ文頭レスポン

41b7n49gFHL._UX250_TOKIOの鉄腕ダッシュで放送されている最強のラーメンを作るということで選ばれた具材のひとつ、小麦が福島県産であったことに対して、作家とされる藤岡真さんが以下のように福島県民とTOKIO、そのファン、福島県民に関わる人達にむけて罵倒しまくったツイートをして大炎上しました。

qqqq
「TOKIO。究極のラーメンて、福島の小麦から作った麺なのかよ。人殺し」
「未だに『食べて応援』している馬鹿がいて頭が痛くなる」

ツイートは3月20日の放送後にされ、その後現在はツイッターアカウントが消されています。堂々と藤岡真という名前と顔を出し、インターネットにも素性が出ているにもかかわらず、ツイッターアカウントを消すとは、中高生のバカッターと同じレベルの対応でびっくりしている方も少なくないかもしれません。

qqq
当初は藤岡真さんがツイートを削除し、謝罪、ブログでもツイートの解釈と謝罪を掲載していましたが、結局すべてなかったことのようにして消えてしまいました。現在藤岡真さんのブログは3月23日をもって更新を停止すると書かれています。

そもそも藤岡真さんって誰?

今回はTOKIOという国民的人気グループと福島県で大変な思いをしている方々とその家族に対して侮辱的な言葉を世界に発信してしまったことで一躍有名になった藤岡真さんですが、そもそもこの人誰?と思っている方がほとんどだと思います。

藤岡真さんは1951年生まれの65歳。早稲田大学卒業でミステリー作家であり空手家だそうです。

今回のTOKIOのラーメンに対する侮辱と罵倒の以前にも福島県に対して罵倒ツイートをしていたことで有名になったようです。

「福島の農家の皆様は、どうか地産地消して下さい。県外に出荷するほどの生産量があるのですか。そして、ご自分のお子さんには絶対に食べさせないで下さい。なお、圏外で生産物を目撃したら『毒入り食べたら死ぬで』シールを添付させていただきます」

「おい、福島の百姓。放射性物質で汚染された毒作物を県外にまくな。その前にてめえで食って死ね。もう、我慢も限界だ」

という感じです。藤岡真さんは作家としてはあまり知られていないようで、作品名を見てもよくわかりませんでした。作家や空手家ではなく、ただ福島県に対しての罵倒で一部のツイッターの間では有名になったようですね。

そしてアマゾンのレビューには★1がつけられ、大量に非難の声が書き込まれたというから驚きです。こんなにレビューがつくなんて誰も思っていなかったと思いますが、これはブログやツイッターから姿を消した藤岡真さんの行動がパブリックなアマゾンレビューに移動した感じでしょうね。
http://www.amazon.co.jp/%E8%97%A4%E5%B2%A1-%E7%9C%9F/e/B004LA1CO8
★1の本が多くなっていてびっくりします。もともと本の評価が低ければ良いですが、ただの報復で★1をつけるのも社会的抹殺の意味合いが強く驚きを隠せない方も多いと思います。

今藤岡真さんはどうしているのでしょうか。ここまで炎上してしまうと今後作家として新作を書いてもすべてアマゾンで★1の罵倒レビューがついてしまうでしょうし、藤岡真という名前は今後ずっとネット上に残ってしまうでしょう。ただミステリー作家として名前が残るのであれば良いですが、藤岡真という名前とともに福島県の放射能についての失言があった人というイメージだけが残るため、今後目立った活動がしにくくなるのではないかと思われます。

ツイッターのとまめ、トゥギャッターにもすでにまとめられ、魚拓もとられているようです。
http://togetter.com/li/952293

このような大炎上後の藤岡真さんの活動も気になりますね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天