堀元子氏、バレンタインのチョコで公選法抵触

トレンディ文頭レスポン

150兵庫県三木市議会の堀元子副議長(52)がバレンタインデーにちなんで、500円程度のチョコといつもの御礼の手紙を添えて有権者に渡した所、これが公職選挙法が禁じる寄付行為にあたるとして指摘されました。

手紙には「支援者のお一人お一人のご恩情に報いることのできるよう、襟を正して活動して参ります」などと書かれていたそうです。

堀元子氏はバレンタインデーのチョコをおくったのは初めてだそうです。

たかが500円のチョコで、とれだけ公職選挙法に触れて、どれだけ有利に働くか、なんて考え始めると疑問符がつきます。心をつなぎとめておくためのプレセントということだとやはり良くないというイメージは簡単にできますが、一般的な慣習になりつつある、バレンタインのチョコレートくらいで突かれてしまっては、議員は普通の生活はできず、何も寄せ付けないようにしないといけなくなりますね。

これは対有権者に対してということですが、団扇でも騒動があっただけに今後もこんな小さな出来事がニュースになってしまうのを考えると平和すぎるというかなんというか・・・。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天