羽田圭介氏のテレビ出演料と印税、年収

トレンディ文頭レスポン

芥川賞作家の羽田圭介氏、芥川賞受賞後何度かテレビに出ていて、テレビに出て本が売れれば、という名台詞が広がって話題になりました。実際テレビに出ると宣伝効果は抜群なはずなのに、まったく思うように本が売れなかったといいます。

それを理由に、テレビのギャラを貰って稼いだほうが本の原稿料よりも楽に稼げる、ということを思いつき、今では76本も番組に出演しているそうです。

羽田圭介氏の原稿料は頑張って書いて200枚で80万円だそうです。これを年間1000枚書いても400万円です。税金などもありますから手元に残る金額はもっと少なくなってしまう。羽田圭介氏は芥川賞受賞という肩書があってもこの程度であるということをテレビで話しています。

そしてテレビ出演料は1本あたり20万円代であることも明かしていて、すでに1600万円以上はテレビのギャラで稼いでいるとことになります。すごいですね・・・。羽田圭介氏のキャラは一瞬キレキャラとか基地外キャラ、また見た目がちょっと普通ではないというところからもテレビ的に面白い壊れたキャラクターとして使いやすい。賞味期限は1年程度かもしれませんが、今年はしつかりと稼げたようです。

そして印税ですがこちらも悪いわけではなく2200万円も入ってくるようで、今までの極貧原稿料生活から一気に抜けだした感じがしています。年間4000万円以上稼げて、その後また本を出して印税が上乗せされていくわけですから、贅沢をしなければずっと生活出来るでしょう。

テレビに今後出れるかというと難しいと思いますね。このキチガイキャラから頭のいいキャラに切り替えて、その後評論家のようなコメンテーターに転身していく可能性もあります。ただ俳優としてドラマに単発出演とかはやめてほしいですねwあとはCDデビューとかもちょっと乗せすぎて完全にはしご外されてしまうのでw

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天