碧志摩メグ、性的だから公認撤回

トレンディ文頭レスポン

wst1508130084-p1三重県志摩市が海女をイメージした萌えキャラとして碧志摩メグという17歳の海女さんキャラクターを登場させて話題になりました。しかし実際のあまさんやその他女性たちは、碧志摩メグが性的なイメージが強すぎて現実の海女さんのイメージとは違う、「描写が性的で、海女という命懸けの仕事を侮辱している」と反発していましたが、これまでは継続して碧志摩メグをイメージキャラクターとして使っていました。

最近ではLINEスタンプにも碧志摩メグのデフォルメキャラが出たりしていて地元でも人気が出てきたという時に、「キャラクターの作者から申し出を受け承認した」と三重県志摩市が発表し、碧志摩メグが公認キャラクターではなくなりました。

碧志摩メグの作者でイベント会社「マウスビーチ」(同県四日市市)を運営する浜口喜博さんらは反対署名などの活動に「公認が重荷になってしまった。より動きやすくしたかった」ということで公認撤回を求めたようです。ということで今後は碧志摩メグは公認キャラクターではなくなったものの、別の活動をしていくようですね。

ネットでも様々な話題になっていますが、過剰に反応しすぎというコメントもあれば、オタクウケするき満々のキャラクターすぎて大多数の一般には受けない、逆に批判されて当然という考えが多いようです。
市のイメージがただの燃えエロキャラという感じではさすがに海女さんだけでなく他の女性達にも反感をかいますよね。

今後碧志摩メグがどのような感じで活動していくのかきになりますね。これが萌えキャラではなくゆるキャラであればまた違っていたと思いますよね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天