トコジラミが話題に

トレンディ文頭レスポン

o0500037510208778597中国のアップル製品工場で働く従業員寮に、トコジラミが大量発生し、そこに14人がすし詰め状態で働かされているというニュースが話題になっています。これはアップルが悪いのではなく、下請けが悪いので、ここでアップルの名前を出してもチョット悪意を感じますが、世界で便利な生活をしている外ではこんなトコジラミの大量発生する小さな部屋で時給200円程度で働いている人たちがいるんですね。

トコジラミなんてあまり聞いたことがないかもしれませんが、幼虫から成虫までほとんど姿が変わらず、血液を栄養源として生きていきます。それ以外では栄養源とならないようで、ボルバキアという共生細菌がいないと正常な成長や繁殖ができないことがわかっています。また18ヶ月程度であれば吸血しなくても生きていることがわかっているので、放置しても減ることはありません。

大量発生すると止まらないので駆除が必要です。

トコジラミは明るいところではなく暗いところに潜んでいて、夜動き出し吸血します。トコジラミに噛まれると赤い点が2つできてアレルギー反応を起こして痒みが発生します。

トコジラミの駆除

トコジラミという名前から、ベッドや布団などの寝具の近くに潜伏しているのかと思ったら、別にそんなことはなく、じゅうたんのすきまや古い本の間にいたりすることねあります。また家具をどかすとトコジラミの抜け殻がでてきたりすることも。

このようにどこにでも潜んでいるのでトコジラミの駆除は入念に探すことから始まります。
エアゾール状の薬剤をまいたり、潜んでいる場所にピレスロイド系のフェノトリンをまいて対処していきます。

最近は外国人に付着してきたトコジラミがホテルなどで増殖する、ということが起きているようです。特に薬剤耐性をもったスーパートコジラミがいるので今後の駆除が大変になると予想されています。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天