河野公平選手はそんなに強くはない?亀田戦について

トレンディ文頭レスポン

i320WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチで河野公平選手と亀田長男との一戦が行われます。

河野公平選手の戦績は39戦30勝8敗1分13KOということでそれほど強いという成績は残していません。亀田興毅選手が河野公平選手を選んだのには理由があるんですね。というか、勝てそうな相手と戦って勝てばいいわけで、別にズルをしているわけではなため亀田興毅選手が悪いことをしているわけではありません。

また、河野公平選手は打たれまくってしまうところが弱いと言われますが、その反面かなり前へ出て行くタイプのボクサーだそうです。亀田興毅選手の場合はビッグマウスで何でも言いますが、いざ試合になるとガンガン殴りあうようなボクサーではなく、カウンター狙いが多かったりするので河野公平選手のタイプが戦術に合うということもあるでしょう。

とは言え、河野公平選手は今まで負けもしてきましたが、努力で勝ち上がってきたボクサーです。今回も34歳になって体力も伸びしろが見えてきた年齢、亀田興毅選手は色々と世間から叩かれたりそんなに強いわけではないと言われつつもまだ若いですし、この試合の結果がどうなるかかなり気になりますよね。

河野公平選手は負けたら引退ということも考えているでしょう。今回は河野公平選手にとって初めての海外での試合であり、相手が亀田興毅選手というある意味問題児でありパフォーマーで有名人。しかも世間では実力がないとまで言われている亀田興毅選手に負けたら河野公平選手は終わりでしょう。

引き際としてはこの世界タイトル戦で負けたら引退、それをしないように頑張るしかないとシカゴに降り立ったのだと思います。

河野公平選手と亀田興毅選手のタイルマッチ、楽しみですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天