竹内真理子、マレーシアで死刑確定、執行はいつ

トレンディ文頭レスポン

7a1d36261955cc42fe9f0d753e122648竹内真理子と聞いてもピンと来ない人がほとんどだと思いますが、一般女性で元看護師の女性で、2009年10月30日ドバイからマレーシアに大量の覚せい剤を持ち込んだとして逮捕され、裁判が行われていました。
マレーシアは麻薬や覚せい剤に対してかなり厳しいので、大量に持ち込んだとされた竹内真理子被告は死刑確定が有力視されていましたが、今回本当に竹内真理子被告の死刑が確定してしまいました。

ちなみにマレーシアがどれくらい厳しいかというと、一定以上の薬物所持で求刑されるのは死刑です。有罪が確定されたら死刑一本です。かなり厳しいことがわかりますが、それほど国に対する影響が大きいといえるのは間違いありません。国が成熟していく上では悪でしかないのでしょう。

竹内真理子被告は無罪主張

竹内真理子被告が自分で持ち込んだのかどうか、ここはわかりませんが、中身を知らずに頼まれて運んだだけだという主張をずっとしていたようです。

よく海外旅行でかばんを渡されて預かってほしい、と言われても無視するようにというのが定番ですが、そんなこともわからないのかなと思ってしまいます。

もうすでに有罪が確定したので同時に死刑が確定した竹内真理子被告。今後はマレーシア国王の恩赦を受けることになるようです。これで判決が覆るのでしょうか・・・。死刑執行が無期限になるのでしょうか。

竹内真理子被告はなぜ死刑確定の有罪に?

自分で持ち込んだか、知らず知らずのうちに、か、というところが争点になります。
竹内真理子被告は実はドバイとマレーシアの間を何度も行き来していたことがわかっています。これが今までも何度か薬物を運んでいたか、もしくは何かそれに関わっていたか、ということが疑われて、行動自体が不審であったことが上げられました。

また、3.493kgの覚醒剤の重さを考えると中身は本だと言われたものの中身を確認することはできたということで言い逃れはできない状況になったようです。量が量だけに言い訳をしっかり立証できないと有罪で死刑からのがれることはできなそうです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天