辰吉2世と呼ばれた京口竜人逮捕

トレンディ文頭レスポン

大阪帝拳ジムに所属する京口竜人容疑者(25)がバーバキューをしている別グループの男性の顎を殴り、骨折させたとして逮捕されました。京口竜人容疑者は容疑を認めていて、ムカついてイライラしていたとのことです。
きっかけは京口竜人容疑者が何見てるねんと因縁をつけたといいますが、実際のところはわかりません。相手から本当に挑発されるようなことをされていた可能性もゼロではないですし、相手が京口竜人容疑者をプロボクサーであることを知っていてわざと挑発していたかもしれません。
逆に何もなく単純に京口竜人容疑者が知らない人は殴っただけの暴力事件だったのかもしれません。

この真相は殴ったほうが悪くなりますし、プロボクサーである京口竜人容疑者の場合のその重さが比べ物にならないので相手が悪くても真相は出てこないでしょう。

京口竜人容疑者は辰吉を彷彿させる戦い方で辰吉2世とも呼ばれたこともあり、日本フェザー級10位にまで上り詰めましたが、試合に敗れてからはジムにも行かなくなってしまったということです。ここがクローズアップされていて京口竜人容疑者はそもそもその程度のボクサーだったんだと言われていますが、ここも真相はわかりません。
単純にぐれたのか、凹んだだけなのか。そりゃ負ければ誰でもへこみます。

しかし人を殴ること自体がすでに暴行・傷害ですし、プロボクサーですからジムからも手を出すなと言われ続けていたのにもかかわらず因縁をつけて事件を起こしたのはどうしようもないですね。
大阪帝拳ジムは今後本人と話し合うとしています。このように言ってくれる大阪帝拳ジムは何だかすごいなと思いますね。普通なら謝罪だけを繰り返すでしょう。京口竜人容疑者は今後エスカレートしないように自戒してほしいですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天