巨人・福田投手、プロ野球・大リーグ・甲子園などで野球賭博

トレンディ文頭レスポン

巨人・福田投手が国内外の野球に対して野球賭博をしていたことが発覚しました。
巨人・福田投手の知人と言われる賭博の関係者が貸したカネを返さないということで球団側に明らかにし、調査した所、巨人・福田投手が野球賭博していたことが発覚しました。

プロ野球選手で負けが出た金額がたったこれだけで球団側にバラされてしまう、というのも悲しい物がありますが、何よりも賭博行為は違法ですので、今回は巨人側だけでなく、法律に触れる行為をしているため今後がなくなってしまうかもしれませんね。

野球賭博では、国内の野球の試合で自分のチームである巨人も賭けの対象となっていたようです。
さらに大リーグや甲子園までもが野球賭博の範囲だったそうで、他にどんな関係者が出てくるか、芋づる式に出てくるのではないかと思います。

巨人・福田投手は2014年に年俸700万円ダウンの2400万円となったようですが、これだけお金があれば借りずにすぐ返済できたでしょうに、もしかしたらもっと負けていたかもしれませんし生活の質を落とせなかったのかもしれません。肘の手術で試合に出れないリハビリ期間もあったとのことですし、魔が差してしまったのかと思います。

今回の野球賭博事件では、同僚の笠原将生投手(24)から紹介された人(今回のタレコミ)から野球賭博をしてしまったというので、他にもプロ野球選手で野球賭博に参加した人もいそうな気がします。

野球賭博では、その知り合いからハンデがついた一覧がメールで届き、そこにかけていくというスタイルだったそうです。1点1万円で最初は5-10点を賭けていたそうですが、負けを取り戻そうと大きく賭けて負けがさらに大きくなるという悪循環に。

ここからが転落。9月上旬までプロ野球で約10試合、メジャーリーグで約10試合賭けを行い、プロ野球では巨人戦が3~4試合が含まれていたそうです。自分のチームの試合でどのように賭けていたのかが気になるところです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天