自民党の稲田朋美政調会長、謝罪について語る

トレンディ文頭レスポン

ph01自民党の稲田朋美政調会長はテレビ番組に出演し、70年談話についての話をしたようです。
70年談話において、おわびは付ける必要はなく、今後未来永劫謝り続けなければならいというのは違和感を覚えると発言。韓国と中国だけが反応しそうな発言ですが、日本国内ではこれ以上の正論はないという反応が多いようです。

というのも、日本は中韓との国交正常化を行い、謝罪もし、中国には多額のODAをし続け韓国にすら多額の資金提供をしてきました。日本だってこんなにも経済的に大変だと言われていても戦後世界平和に貢献し戦争には参加していない国で、過去の過ちはもう繰り返さない、というのが日本です。

その70年間の間で未だに謝罪というカードを切ってくる中国と韓国は異常であると言えますし、それに対してやってしまった過去があるだけに日本が突っぱねることができないのがとてももどかしいですね。もう若いグローバルな世代はボーダーがほとんどなくなっていて、国がずっとこんなことをやっているからアジアの3国でずっと無駄な争いが続いているわけです。

反日カードがなくなってしまうともうどうにもならない時の切り札がなくなってしまい、中韓国内で揉め出すから、というのが一般的に言われているところです。

今まで日本が戦争をもう一度するようなことをしたり、それに加担するようなことはしていませんし、世界に貢献してきたことを考えると、今でもまだ文句だけは言ってくる中韓は逆に世界の笑いものになるでしょう。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天