従業員ストレスチェック義務化とは

トレンディ文頭レスポン

2015年12月から50名以上従業員がいる会社ではストレスチェックが義務付けられます。
これによって50名以上の社員がいる会社では1年に1度必ずストレスチェックを受けさせることが決まっているのです。

このストレスチェックは社内で行うのではなく医師や保健師などの専門家に依頼して、社員のストレスの程度をチェックします。医師がストレスチェックの結果を本人に通知し、本人の同意がなければ、ストレスチェックの結果を企業に伝えることは禁止されています。

高いストレスがあると診断されると、その後の対応として面談などを薦めていくそうです。ただし必ず面談しなくてはいけないわけではないのがちょっと問題ではありますね。このストレスチェックによって必要であれば会社をやめるのか、職場での異動、労働時間の変更などの対応をすることになります。

本人がストレスを感じていなかったとしても診断によってストレスでうつ気味であることがわかれば悪化しないような対策ず必要ですし、最悪の状態になる前に対応することができますが、実際このストレスチェックが導入されたとしても変わることはないというのが現在の見方です。

本来のストレスチェックの意味というのは自身が気づかない間に大きなストレスをかかえることを防ぐことです。またストレスチェックの結果が信頼できるものであれば、現状からの変化をつける場合にも有効にストレスチェックの結果を利用できるようになります。何だかんだでブラックではないにしても仕事なんだから、と強制され続けることでストレスレベルが非常に高い状態が続いている人もいるはずです。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天