MERSワクチン動物で効果あり

トレンディ文頭レスポン

韓国で大流行しかかったMERSのワクチンが動物実験で有効な結果が出たと、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズで発表されました。これがそのまま人間に効果があるかどうかは別ですが、かなり有望視してよいようです。

現在のところ、MERSのワクチンはないので、これが成功すると世界的な流行は止められる可能性が非常に高いのです。

米国立アレルギー感染症研究所によると、ワクチンを摂取したマウスは複数のMERSウイルス株を中和する抗体を生成して感染を予防。さらに猿にワクチンを摂取してMERSウイルスの1種に暴露させると、MERSに特徴的な重症肺炎の発症を予防したといいます。

完璧ではないと思いますが、重症化するMERSの脅威からは少し成果が上がったのかと思います。
米国立アレルギー感染症研究所の研究チームは今後人間に対応するMERSワクチンの開発をしているといいます。

ほかにもMERS感染者に対する治療用の薬などがもっとできていくと良いですね。恐らく今現在何も対策ができないウイルス関連の開発が進むとほかの副作用などの問題が出てきて、それが別の病気などに効果があることがわかる時もあり、とにかく最先端医療の進歩というのが今後の世界の豊かさにとっては欠かせないです。

iPS細胞によって色々なものが作れるようになり、そこで培養したものから研究が容易になっていくことから、MERS以外の色々なワクチンの開発などが進むと思います。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天