Brew Parlor 3615が清澄白河にオープン

トレンディ文頭レスポン

Brew Parlor 3615が清澄白河にオープンしてようやく馴染んできたとのこと。
清澄白河と言えば今はブルーボトルコーヒーが出店するなど、コーヒーのエリアとしても有名になってきています。そこに出店したBrew Parlor 3615は気軽に入れるカフェをテーマにしていて、喫茶店でのんびりというよりは、ふらっと立ち寄ってコーヒーを飲んだりサンドイッチを食べて帰っていくような場所だそうです。

オーナーがニューヨークに行った時にそんな気軽に入ってコーヒーを買う感覚が日本にもあれば、と思ってBrew Parlor 3615をオープンしたということで、一度行ってみたいなと思えますよね。
店内はコンクリートのカウンターや人工芝など、裏庭でコーヒーを飲むようなイメージを作ったとのこと。店内の様子は手作り感があり、コーヒーショップらしくないのですが、それもまたBrew Parlor 3615の特徴ですね。

またコーヒーは自分でいれるというから面白い。コーヒーをいれる器具は壁に吊るされているので自分でいれます。ここは好みがかなりわかれるかもしれません。自分でコーヒーをいれる楽しさや適当に自分でやっとくからいいよ、という方にはまったく違和感なくコーヒーを楽しめると思います。

またコンセントとwifi環境がかなり整っているらしいのでこの辺もグッドですね。

コーヒー500円~サンドイッチ750円~ということです。
清澄白河周辺の散策ついでに立ち寄って雰囲気も一緒に味わってみたいですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天