世界最深、海底から2.5km下で微生物発見

トレンディ文頭レスポン


青森県沖の海底下約2.5kmの地点で地層からバクテリアの群れを発見、それを培養することもできたそうです。
海底のさらに下の地層で生物が発見されたのはこれが最深なのだそうです。

とにかく深い場所であり、そのさらに2.5kmも地下にいたバクテリアは、生物が生きる上でかなり過酷な環境であり、普通に考えれば生きていくことは無理なはずですが、そこにバクテリアが生きているということは、過酷な状況にも耐えうる新しい何かを発見できる可能性があるということです。

このバクテリアはもともと森林の土壌にいるものに似ていて、もともとは地上にいた生物が海底に埋没していった中で、今回発見されたものだけが生き残っていたと考えられています。

また、このバクテリアが地下でメタンを生成するものもあるため、太古からのバクテリアが天然ガス生成に関係しているのだろうと思われます。地上でこのバクテリアの培養が成功しているので今後また新しい発見ができる可能性は高いですね。青森県沖の海底下約2.5kmの地点で地層からバクテリアの群れを発見、それを培養することもできたそうです。2.5kmの地点で地層からバクテリアの群れを発見、それを培養することもできたそうです。
海底のさらに下の地層で生物が発見されたのはこれが最深なのだそうです。底のさらに下の地層で生物が発見されたのはこれが最深なのだそうです。

とにかく深い場所であり、そのさらに2.5kmも地下にいたバクテリアは、生物が生きる上でかなり過酷な環境であり、普通に考えれば生きていくことは無理なはずですが、そこにバクテリアが生きているということは、過酷な状況にも耐えうる新しい何かを発見できる可能性があるということです。にかく深い場所であり、そのさらに2.5kmも地下にいたバクテリアは、生物が生きる上でかなり過酷な環境であり、普通に考えれば生きていくことは無理なはずですが、そこにバクテリアが生きているということは、過酷な状況にも耐えうる新しい何かを発見できる可能性があるということです。

このバクテリアはもともと森林の土壌にいるものに似ていて、もともとは地上にいた生物が海底に埋没していった中で、今回発見されたものだけが生き残っていたと考えられています。このバクテリアはもともと森林の土壌にいるものに似ていて、もともとは地上にいた生物が海底に埋没していった中で、今回発見されたものだけが生き残っていたと考えられています。

また、このバクテリアが地下でメタンを生成するものもあるため、太古からのバクテリアが天然ガス生成に関係しているのだろうと思われます。地上でこのバクテリアの培養が成功しているので今後また新しい発見ができる可能性は高いですね。た、このバクテリアが地下でメタンを生成するものもあるため、太古からのバクテリアが天然ガス生成に関係しているのだろうと思われます。地上でこのバクテリアの培養が成功しているので今後また新しい発見ができる可能性は高いですね。

300*250
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天